超ブラック企業に就職した息子から”会社を辞めたい”とLINEが。

公開日: : セミリタイア生活

今年、息子が東京のベンチャー企業に就職しました。

会社で開発したシステムを営業してまわる仕事(営業職)です。

実際は内定をもらった大学4年の夏頃に福岡から引っ越して働き始めましたので、働き出してから1年以上が経ちます。

最近、電通の新入社員が過労で自殺したことが話題になっていますが、関連するニュースを耳にする度に子供のことが心配になります。

なぜなら子供が就職した会社は世間で言う超ブラック企業だからです。

内定をもらった昨年の夏当初から朝の8時過ぎに出社し、帰宅は23時以降です。

休みも週休2日制と記載があるものの週1回日曜日だけ。

しかも最初の1ヶ月は完全無給(給料無し)だったようです。

今年、正社員になれば週休2日制になると会社の言うことを信じていたようですが、11月になっても休みは週1と変わってないようです。

それどころか営業成績が少しいいようで早朝の会議に出席しなければならなくなったと現在は7時過ぎに出社を強いられているようです。

しかも残業規制の関係で夏から給料が4万円減ったとか。

勿論、残業時間が減った訳ではありません(意味不明!)

一緒に入社した社員の7割ほどは辞めていったと言います。

そんな子供が心配で、たまに様子伺いでLINEをしますが、朝に打ったLINEも既読になるのはやはり23時を過ぎてから。

帰ってくる返信も「心配してくれてありがとう。俺は大丈夫!」と親に心配かけまいと気を配っているようです。

そんな子供からとうとう「会社を辞めたいんだけど」というLINEがきました。

これは相当ヤバイなと判断し、電話で会話することに。

電話していい時間を聞くと仕事から解放される深夜の1時を指定され、普段は23時に布団に入るものを子供の仕事が終わるまで待って電話をしました。

昨年、入社する社名を聞いた時は、事前にある程度のリサーチをし、
「大変な会社だと思う」
「給料は思うほど高くないと思う」
「ベンチャーの中でも大変な会社だと思う」
「それでもいいのか」
といったことを口を酸っぱくして言いました。

そういった親の意見を振り切って入社した会社ですが、ここまできたら辞めることには賛成しようと考えていました。

もう少しマシな会社はいくらでもあるのではいかと思ったためです。

1時になったのでLINEで状況を確認して電話。

会社を辞めたいってやっぱり仕事(会社)が相当辛いのかと確認すると、予想に反してそうでもないといいます。大変だけど大丈夫だと?!

辞めたい理由を聞いてみると会社は大丈夫だけど、時間とお金がもっと欲しいと。そしてそれを実現するために、ネットワークビジネスがやってみたいと。

ネットワークビジネスとはインターネットのネットビジネスではなく、アムウェイとかそういったビジネスです。

聞くところによると知り合いに年収数千万円の人がいて週末になる度に旅行に行って楽しそうだといいます。

病的な状態での辞めたいではなかったためある意味ホッとしたものの、逆にバカたれと説教をはじめました。

ネットワークビジネスに対する意見を散々言って電話を切りましたが、後は子供の判断になるのでしょうか。子供の人生ですからね。

親としてはどうしても阻止したいとは思っているのですが。

成功したい、金持ちになりたいという願望が人一倍強いようで、今の会社に入社した動機も過酷な労働条件の中で自分なりにチャンスを見つけたい、また見つけやすそうだと感じたからのようです。

体育会系で中学・高校とあるスポーツで全国を制覇した経験もあるだけに、努力すれば夢は実現すると信じ切っているような面も伺えます。

親としては、普通で堅実な人生を送ってもらいたいと願っているのですが、難しいかもしれません。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

BMW 1年点検

早いもので昨年の11月にBMW 330eに乗り換えて1年が経過。営業担当者から案内を頂き、先日、無事

記事を読む

リタイア生活、毎日が辛い?

こんにちは。有栗です。 随分暖かくなってきました。春、ですね。 早いものでリタイアしても

記事を読む

やっぱり投資信託はやめときます

最近、A銀行から頻繁に電話があります。 平日の電話を取らずにいると土曜日もかかってくるようにな

記事を読む

アーリーリタイアに向く人、向かない人

アーリーリタイアに向く人と向かない人がいると思います。 アーリーリタイアは、基本的にリタイアし

記事を読む

ガラケーからスマホへの切り替え

時代に流されず?ずっとガラケーを持っていましたが(^_^;)、今年の始め、とうとうガラケー(au)を

記事を読む

もしも自分が住んでいるマンションが傾いたら

横浜の傾きマンションの事件が発覚後、私の住んでいるマンションの掲示板には、「当マンションは○○建材は

記事を読む

50歳から歌手を目指す

50歳を過ぎても夢を追う知人がいます。 14年前に一緒に会社を早期退職した知人(Y)は、童話作

記事を読む

インフレ対策:米ドル建て個人年金保険

最近は円安による原材料価格の上昇に伴い、様々な食品が値上がりし、4月の消費税増税とあわせて家計を圧迫

記事を読む

アーリーリタイア生活、2017年の資産減少額

こんにちは有栗です。 今年はアーリーリタイアをして5年目を迎えま

キャリアのスマホ月額料金も格安スマホ並みに!

新年、おめでとうございます。 2018年がスタートしました。

ブラック企業を辞めることを思い留まる理由

今年もまた幸せな1年を過ごすことができました。 唯一気が

人生100年時代になるとリタイア組は破綻!

こんにちは、有栗です。 もうすぐ今年も終わります。本当に1年が早

環境が性格を変える?それとももともとの性格?

こんにちは。有栗です。 今年も残すところ10日ほどとなりました。

PAGE TOP ↑