エアコンのポコポコ音がうるさくて眠れませんでした

今週は台風が九州を通過しました。

最近、少し涼しくはなったものの、我が家では、未だに温度を25度に設定してエアコンを点けて寝ています。

室温が25度でも点けます。

ときどき「涼しい風」を感じる方が快適に眠れるためです。

台風の日もエアコンを点けて寝ていたのですが、夜、エアコンがポコポコ?ポンポン?音を立ててうるさくて眠れませんでした。

そういえば、昨年の夏も台風でもないのにたまにポコポコと音がすることがありましたが、比較的小さい音で短時間で収まっていたので特に気にすることなく放置してました。

今回の台風の時は結構音がうるさかったので調べてみることにしました。

エアコンからポコポコ音がする原因

音の感覚からエアコンの中に溜まった水が逆流してそうな気がしていましたが、翌日、気になってネットで調べてみると、ほぼ的中!

ポコポコ音の原因はマンション特有の部屋の気密性にあるとのことです。

気密性の高い部屋で、何らかの条件で部屋の気圧が下がると外部からの空気を取り込もうとエアコンのドレンホースから空気が侵入してくるようです。

冷房の作動時にドレンパン(冷房時にフィンで発生する水分を集めて外部に排出するためのパーツ)に水が溜まっていれば、侵入してくる空気が抜ける時にポコポコと音が発生するということです。

台風とかの影響で気圧の変化が激しくなると発生しやすい訳です。

理論的には従って台風時に限らず、また、エアコンを作動させていなくても同様の事象が起こりえます。

換気扇をつけていると部屋の気圧が下がり、事象が発生しやすくなるようです。

エアコンのポコポコ音を解消する方法

ドレンホースの掃除

このエアコンのポコポコ音を解消するには、まずは、エアコンの排水をスムーズにするためにドレンホースに詰まりがあればそれを除去する必要があります。

ドレンホースの汚れが酷い場合はそのまま放置せず掃除をします。掃除するのが難しそうであれば専門の業者にエアコンクリーニングを依頼するのもいいと思います。

素人が無理にドレンホ-スを掃除すると故障の原因にもなりかねません。

気密性を解放する

そして最も効果的で重要な解決策が、外と部屋の空気圧をほぼ一定に保つために部屋にある吸気口をあけて、気密性を解放することです。

吸気口がなければ部屋の窓を少しだけ開けたり、ドアを少しだけ開けたりするのも同じ理由でいいかもしれません。

ただ、せっかくエアコンを点けているのに吸気口や窓をあけるのは効率が悪いような気がします。

ちなみに我が家では、試しに隣の部屋の吸気口を開けることでポコポコ音はほぼ収まりました。

お互いのドアは閉まっていてもドアの上下に隙間はあるもの。その隙間を通して空気が流れてくれるようです。

どうやっても解決しない場合は、逆流防止弁などの対策商品も売ってあるようですので試してみるのもいいかもしれません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ