PCの設定でブルーライトカット

こんにちは、有栗です。

先日、ブルーライトが、加齢黄斑変性にも良くなさそうということを書きましたので、今回は、自分も行っているPCの設定でブルーライトをカットする方法を書いてみようと思います。

ブルーライトとは?

ブルーライトとは、波長が380~495nm(ナノメートル)の青色光のことで、ヒトの目で見ることのできる光(可視光線)の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持った光だということです。角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。

近年普及しているパソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれており、眼精疲労以外にも睡眠障害なども引き起こすと考えられています。

ブルーライトカットの設定

PCの設定でどれくらいの効果があるのかわかりませんが、私の場合、PCの設定でブルーライト対策をしてから眼精疲労がかなり和らぎました。

ブルーライトをカットする方法は、パソコンやディスプレイによって若干違うと思いますが、どのパソコンも似たり寄ったりだし、設定も簡単ですので、気になる方は試してみて下さい。

デスクトップの画面で右クリックします。

bluelight1

グラフィックス・プロパティーをクリックします。

bluelight2

ディスプレイを選択(クリック)します。

bluelight3

「色」の箇所をクリックします。

bluelight4

「色調整」の部分に青色の部分がありますので、そこをクリックし、明るさをマイナスに設定(ちなみに私は「-20」に設定しています)します。

設定後、右下の適用を押して終了です。

その他、「コントロールパネル」⇒「デスクトップのカスタマイズ」⇒「ディスプレイ」⇒「色の調整」の手順でも変更が可能です。

青色が抑制されて、今までとは違った画面の色になりますが、すぐに慣れると思います。

ブルーライト研究会の報告によると、ブルーライトを長時間浴びると、睡眠を誘導するメラトニンの生成が抑制され、睡眠に障害を与えるとのこと。

昼間はむしろブルーライトを浴びたほうが夜の睡眠には良いとされていますが、夜はブルーライトを避けるほうが睡眠には望ましいと言われています。

不眠症気味の方も、ブルーライトを意識した生活を心がけては如何でしょうか。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ