煩悩が減らせれば生きていくのがいかに楽になるかと実感した年

こんにちは有栗です。今日はブログ納めです。

それにしても、正月前の株価の急激な下げは頂けませんね。

今年の始めに行われた専門家による今年の年末の日経平均の株価予想では、殆どの専門家が25,000円から30,000円と予想していたのをを憶えてます。

10月になっても大半の専門家が年末の日経平均株価を25,000円前後と予想していた訳ですから、今さらながら専門家の意見は本当にあてにならないと思います。

銀行のしつこい営業に負けずに何も投資しなくて良かったです。

来年の株価の見通しは、大方の専門家が悲観的な意見ですので、逆に意外と上がるかもしれません。近いうちに絶好の仕込み場がくるかもしれません。

さて、アーリーリタイアをして5年以上が経過し、無事6回目の正月が迎えられそうです。

今年も何事もなく平和な1年でしたが、その中でも特に印象に残った出来事をまとめて締めくくりたいと思います。

2018年を振り返って

息子が転職

超ブラック企業に勤めていた息子ですが、8月に無事転職を果たしました。

以前の会社では営業をしてましたが今回の転職先での肩書は経営コンサルタント。

20代前半で経営コンサルタントという肩書は重いので、無事やれているのか、挫折しているのではないか、転職を後悔しているのではないか、と心配でしばらく連絡をとれずにいましたが、12月に入って連絡をすると意外と元気な様子。

凄く勉強になっているし、休みもちゃんと取れていると喜んでました。

ここ数年、劣悪な労働環境で働いており、ずっと気になっていたので一安心です。

スキンヘッドで煩悩を実感

2018年を振り返ると、私的に最も大きな出来事だったのは、生まれてはじめてテカテカのスキンヘッドにしたことです。

といっても好き好んでスキンヘッドにした訳ではありません。

坊主頭は髪に関する様々な面倒から解放されるとあって、リタイアしたら一度はやってみたい事の一つでしたが、今回はバリカンの使い方を間違えて仕方なくのスキンヘッドでした。

テカテカのスキンヘッドにしたのが6月のはじめ頃。

実際にスキンヘッドにすると、普段はどちらかというと長めの髪なのでそのギャップの大きさに改めて驚きました。

見知らぬ街ならともかく、とてもこの頭で近所を歩くことはできません。

以来、5ヶ月間近くは、マンションの住人にそのギャップに驚かれるのが恥ずかしくて夏の暑い時期でもキャップを被って外出し、車に乗るとキャップを脱ぐという生活を繰り返してました。マンションの住人の中には不自然に思った人もいるかもしれません。

やっと帽子を被らず普通に外出できるようになったのは先月のことです。

この間、髪の毛を通して、自分の煩悩と向き合うことになりました。

ちなみにお坊さんが坊主なのはそういった煩悩を無くすためだそうです。

しかしながら、お釈迦様に髪の毛があるのは、お釈迦様レベルとなると髪の毛があっても煩悩が消せるためだそうです。なるほど。

下の仏様は我が家の寝室にいる仏様です。高さ1.2mほどあり重いので壁に掛けることができず床に置いています。

釈迦の螺髪

しばらくは、ヘアスタイルなんかを気にしている自分の煩悩がどうにかならないものかと思ったりしていましたが、お坊さんでもないのだからこれが普通だと考えることに。

今回のスキンヘッド物語を通して、煩悩が減らせれば生きていくのがいかに楽になるかと実感した次第です。

まとめ

今年1年をざっと振り返ると印象に残ったことはこれくらいで、それだけ今年も平和な1年を過ごすことができて感謝しています。

リタイア組にとって最も重要な年間の収支についてはまだ詳細は計算できていませんが、アフィリエイト収入が昨年の280万円ほどから3分の1以下になったのに対して、あまり節約した感がないにもかかわらず生活費が前年比マイナス20万円で済んだのが大きな自信となりました。

また、趣味のアフィリエイトでは、これまでのアフィリエイトのやり方から勇気をもって撤退し、一から新しいやり方に着手しています。

これが来年どうなるのか楽しみです。

今年一年ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>


セミリタイア生活