1日1食生活を2週間実践しての効果・感想

1日1食を実践して2週間が経過しました。

GW開けの5月7日に69.5kgあった体重は、5月22日時点で66.5kgになりました。

半月足らずで3kg減った訳です。66kg台は久しぶりです(^^)v

1日1食とはいえ、朝は、ココア100ccとヨーグルト75g、それに黒豆を10gほど補給しています。

成分表示から計算すると合計でおよそ130キロカロリーほどでしょうか。

昼は、妻が作ってくれたリンゴとバナナと人参のスムージー風のジュースを150ccほどと黒豆を少々(10gほど)を補給しています。

合計で100キロカロリーほどだと思います。
※ジュースレシピ:リンゴ4分の1、バナナ2分の1、人参3分の1、水50cc

これに加えて、夕食までの水分補給でトマトジュースや野菜ジュースを300ccほど補給します。

60キロカロリーほどだと思います。

つまり、ガチガチのシビアな1日1食ではなく、夕食までに300キロカロリー前後摂取しています。断食の本にも1日1食とはいえ、朝と昼にはこれくらいの栄養補給が前提で書かれています。

夕食は、いつものように普通に食べます。腹8~9分といったところでしょうか。

風呂上りにヨーグルトや野菜ジュースを飲みますので、おそらく平均すると1,000キロカロリーほど摂取しているのではないかと思います。

日本人成人男子の1日の平均摂取カロリー2,000キロカロリーほどに対して1,300キロカロリーほどですから7割弱のカロリー摂取ということでメタボの解消にはマズマズではないかと思います。

1日1食生活を2週間実践して感じた効果

このような1日1食スタイルをたった2週間実践しただけですが、体重が確実に減ってきている上に他にもいくつか体に変化が出てきています。

体が軽くなった

まずは体が軽く感じられるようになりました。

3kg軽くなっていますから当たり前といっちゃ当たり前ですが。

肌がツルツル・スベスベになった

肌がツルツル・スベスベになりました。

1日1食を実践して1週間を過ぎたあたりから朝起きて顔を洗う時やお風呂で肌を触ったときに、肌がツルツルになったことが実感できるようになりました。

あまりにも顕著に実感できるので、他の要素を当たってみましたが、1日1食以外思い当たりません。勿論、昼に飲む特性ジュースのおかげです。

このことを妻に話すと、翌日から自分の分も作ってました。

夕食がおいしいと感じるようになった

以前より夕食がおいしく感じられます。ご飯にありつける1日1回のチャンスとあって、味わうためによく噛むようにもなりました。

抜け毛が増えた?

1週間ほど経過してほんの少し抜け毛が増えてきたような気がします。

シャンプーも同じタイミングで変えたし、抜け毛が増えたといってもそんなに極端に増えた訳でもないので、1日1食との因果関係は定かではありません。

50代には貴重な髪の毛ですのでもう少し様子を見て場合によっては対策を講じようと思います。

やや便秘?

以前はほぼ毎日あったお通じが今は2日に1度程度です。

食物繊維はたっぷり摂っているにもかかわらずです。

食べる量が少なくなったのでその分、回数が減っただけかもしれません。特に体調に影響を及ぼしている訳でもないのでとりあえず良しとしときます。

1日1食生活を2週間実践した感想

1日1食を実践しながら16日、17日と始めての休日を体験しました。

その日は遠出したので、お昼の特性ジュースや黒豆が補給できず、空腹感も増し、ちょっとした目まいも感じて少し倦怠感を感じました。

途中、ジュース売り場があってバナナジュースを補給してからは倦怠感も少し収まりましたが、はやり最低限の栄養は取るべきだと痛感しました。

明日からの休日は対策を打たなければなりませんが、明日はたまたま親類の法事があるので久しぶりに昼食を頂かなくてはなりません。

夜を少な目にして調整しようと思います。


セミリタイア生活