1日1食(1ヶ月が経過)

公開日:: セミリタイア生活, 健康

1日1食を実践して1ヶ月が経過しました。

GW開けの5月7日に69.5kgあった体重は、ちょうど1ヶ月経った6月7日の時点で65.7kgと約4kg減少しました。ちょっとペースが速すぎますか。

基本、夕食のみの1日1食ですが、途中、1度、法事で昼食をとったのと、1度、温泉旅行に行って朝食をとったこと以外は夕食のみの1日1食を厳守しています。

1ヶ月実践しての感想

1ヶ月経っての感想ですが、さほど苦痛・ストレスを感じることなく1日1食を続けることができ、4kgもの体重を落とすことができたと思います。

私の場合、デスクでの作業が基本ですし、運動も30分ほどのウォーキングくらいなので、強い空腹感を感じることなく続けられたのではないかと思います。

ただ、休日は外出が多く、運動量も多いせいか、比較的強い空腹感に見舞われます。これが通勤もあり、比較的ハードな仕事をこなさなければならない普通のサラリーマンであれば、1日1食はかなり厳しいのではないかと思います。

また、1度、法事で昼食をとったため、その日の夕食はとらなかったのですが、夜は空腹感でなかなか寝付けませんでした。

その他の感想

1日1食を1ヶ月実践すると体に様々な変化が起こります。個人的に歓迎できると思う点、そうでない点をまとめてみます。

歓迎できる点

・体が軽くなった
・体全体の脂肪が減少
・体のダルサ(倦怠感)が少なくなった
・食べ物がよりおいしくなった
・きつかったジーンズが楽にはけるようになった

歓迎できない点

・糖分不足のせいか、頭がボーっとする時がある
・眠気が襲ってくる機会が多くなった(糖質不足?)
・休みの日に食べる(昼食)という楽しみがなくなった
・休日は比較的強い空腹感を憶える
・お尻の筋肉が落ち、長時間イスに座るとお尻か痛くなるようになった

尚、以前、抜け毛が増えたとする投稿をしましたが現在は治まっています。

これから

1日1食でダイエット(体重減少)という目的が果たせてはいるものの(もしかすると体の中では健康が凄く良くなっているのかもしれませんが)、休日は昼食の楽しみが無くなり、1日の大半を空腹感と戦っていなければならないため、ショッピングやドライブをなかなか楽しめなくなりました。

症状から見てやや糖質が不足しているという点も気になりますので、必要に応じて、糖質の摂取を少し増やしてみるのと同時に、休日は、昼食を摂るようにするなどして、最もバランスの良い食事制限に移行していこうと思います。

 

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

自分の資産は自分で守る(資産運用分を全て解約)

円高・株安が止まりません。 特に銀行株の暴落は激しいものがあります。 私の運用している資

記事を読む

交感神経が優位な体質の不眠症なのです

こんにちは、有栗です。 6月も今日で終わります。 早いもので、1年の半分が終わりますね。

記事を読む

エクストリムからロリポップへWordPressを移行する手順(備忘録)

このブログを書き始める時、当ブログのサーバーは、「エクストリムレンタルサーバー」という業者からレンタ

記事を読む

ダイヤモンドの力で鏡のウロコ落とし

今年も残り10日となりました。 何かと忙しい師走(12月)ですが、皆さんはやるべきことはお済み

記事を読む

資産大幅下落!株・為替・投資信託の全てが下落!

こんにちは、有栗です。 先週、みずほFGと三井住友FGから合計約10万円の配当金が出ましたが、

記事を読む

遺伝子検査を受けてみた

遺伝子検査を受けてみた 最近、話題になっている遺伝子検査。少し怖い気もしましたが、妻と一緒に検査を

記事を読む

BMW330e iperformanceのストレスのない走らせ方

久しぶりに愛車BMW330e iperformanceの記事を書いてみようと思います。

記事を読む

終わった人を読んでわかった私が快適なアーリーリタイア生活を送れる理由

就寝する前の30分ほどを読書の時間にあてています。ベッドの上でスモールライトを着けて横になっ

記事を読む

ブログ村の新着記事に反映されない事象

当サイトは、「にほんブログ村」というブログランキングサイト

子供の存在が老後のリスクに

お金、健康、孤立は老後の三大リスクと言われていますが、近年

はとバスツアーで日光東照宮の旅

久しぶりに紅葉でも見ながらのんびりしたいと思い、先週末から

ブログの表示速度をアップ。作業効率を上げるのも節約の一つ

久しぶりにこのブログを管理しているレンタルサーバーを変更し

BMW330e iperformanceのストレスのない走らせ方

久しぶりに愛車BMW330e iperformanceの記

PAGE TOP ↑