アフィリエイトは儲かるのかその実態を調査した

アーリーリタイア後は実益を兼ねた趣味としてアフィリエイトを始たことは以前にも書きましたが、アフィリエイトは儲かるのか、儲かっている人はどれくらいいるのか、また、稼いでいる人はいくらくらい稼いでいるのか、実態が知りたくて調べてみました。

検索をかけると、「日本アフィリエイト協議会」なるサイトがあり、そこに「アフィリエイト市場調査2013」というものが公開されていました。

参考URL:http://www.japan-affiliate.org/news/survey201307

本調査は、アンケートモニター7,209名を対象に実施したアフィリエイト・プログラムに関する市場調査のようです。

調査結果によると、回答者のうち、ホームページやブログを所持しているのは24.5%の1,765名で、さらにそのうちの 28.3%である500名が、アフィリエイトサイト運営者(アフィリエイター)だったとのこと。

そのアフィリエイターの実態は以下の通りです。

アフィリエイトは儲かるのかその実態

アフィリエイト歴と運営サイト数

アフィリエイト歴は「5年以上~10年未満」の回答者が20.2%と最も多く、次いで「1年以上~2年未満」と「2年以上~3年未満」が14.6%と同率。半年以内も11.4%います。

見方を変えると1年未満が21.8%、3年未満となると51%と過半数を超えます(5年未満は、75.8%)。

逆に半数の人は、3年以上やってるんですね。

運営しているアフィリエイトサイトの数(ブログを含む)は、平均で「3.08サイト」ということです。

アフィリエイト収入と活動時間

気になるアフィリエイト収入ですが、調査結果によると、月3万円以上のアフィリエイト収入があるのは全体の2.4%、アフィリエイターの約8割が収入1,000円未満、収入ゼロも40%近くいます。

さらに、月3万円以上の収入があるアフィリエイターは、1年以上のアフィリエイト経験があり、平均6.3サイト(ブログ含む)を運営。

毎日約3.1時間をアフィリエイト活動に費やしていてレンタルサーバーや独自ドメイン、商品購入等に毎月5,000円前後の経費をかけている、という調査結果になっています。

アフィリエイターのうち、月額3万円以上の収入があるアフィリエイターが40人に一人しかいないというのは結構厳しい世界です。

アフィリエイト歴とアフィリエイト収入の相関図はありませんでしたが、このデータによると収入ゼロや1,000円に満たない人がアフィリエイトを3年も4年も、それ以上続けている、ということになります!?

長い間頑張ってもなかなか収入にならない非常に厳しい世界ということができます。

日本アフィリエイト協議会のサイトでも最後に「アフィリエイトは楽して簡単に稼げるものではなく、時間や労力をかけ継続して取り組む事で高い成果を得られる、という事が本調査によって示されております」と締めくくられています。

私の場合、アフィリエイトをはじめて9ヶ月。月収4万円ほどですからデータ的には悪くないんですね。

稼いでいる人はいる

一方で稼いでいる人がいるのも事実です。ASPのA8,netでも先月稼いだ人のトップ3とか公開されていますが、収入は月収200万円、300万円を超えています。

他にもブログなどでアフィリエイト収入を公開している人達がいますが、嘘でなければ同じように高額を稼いでいます。

コツやセンスや才能などが必要だと思いますが、そんなアフィリエイターを夢見てアフィリエイト活動をやっている人も少なくないのではないでしょうか。

まとめ

以上、簡単なアフィリエイトの実態ですが、半数の人は、3年以上アフィリエイトをやっており、運営しているアフィリエイトサイトの数(ブログを含む)は、平均で3つほど。

にしては、月額3万円以上の収入があるアフィリエイターが40人に一人という結構厳しい世界のようです。

中には年収数千万、億という収入がある人もいるようなので夢のあるビジネスだということもできます。

参考:アフィリエイトで生計を立てようという考えはやめた方がいい?


セミリタイア生活