アーリーリタイアを後悔したことはないか?後悔しないための心構え

アーリーリタイアを後悔したことはないか?後悔しないための心構え

アーリーリタイアをして後悔したことはないか?これからリタイアをしようかどうか悩んでいる人には興味深い疑問だと思います。

ここでは、実際に5年前にアーリーリタイアをした私が後悔したことがないかという点と、アーリーリタイアをして後悔しないためにはどういう心構えや考え方をすれば良いかという点について考えを記しています。

アーリーリタイアを後悔したことはないか?

私の場合、50歳でアーリーリタイアして今年で5年が経ちました。

この5年の間にアーリーリタイアを後悔したことはないか、ということについて結論から言うと、リタイア後の生活が仕事をしていたリタイア前の生活と比較してあまりにも快適なため、後悔したことはありません

むしろアーリーリタイアして良かったと思っています。

煩わしい人間関係や利害関係のある人達との付き合いもありませんし、時間的な制約も受けず、毎日やりたいことをして自由に過ごせます。

幸い、家族(妻)の理解もあって快適なセミリタイア生活が送れています。

いくら収入が多くても、もうサラリーマン時代や自営業時代には戻りたくないと考えているのがその証拠でもあります。

これは、リタイアをするかどうか悩み始めてから実際に行動に移すまで2年という長い熟慮期間を設けて綿密な計画を立てたという点が最も大きな要因の一つだと思います。

また、何があっても絶対後悔しないと決断してのリタイアですから、今の生活が仕事をしていた時と比較して苦痛だったとしても後悔はしてなかったと思いますし、今後どうなろうと後悔することはないと思います。

アーリーリタイアをして後悔しないためには

人が後悔する典型的なパターン

先日、17年前まで勤めていた会社(A社)を一緒に辞めた知人と食事をしました。

彼は、私より一つ年上。彼も私も会社の経営状態悪化に伴うリストラの一環「早期退職優遇制度」を利用して会社を辞めました。

彼はいくつかの会社を転々として、今は薬品卸会社で総務課長として働いています。

年収も400万円ほどあります。

彼の場合、私から見れば地方での中年男の転職としては比較的成功した例だと思うのですが、本人にしてみればそうではありません。

それもそのはず、辞めた会社はすぐに経営者が代わって文字通りV字回復。

しかも、一回り年下の上司と子供のような部下に挟まれて苦労しているようで働くこと自体はそんなに不快ではなかったA会社を辞めたことをずっと後悔しています。

労働条件も、A社は、労働時間や休日日数が改善された上、給料もボーナスも大幅に上昇しています。

A会社の将来性を悲観して辞めた口ですので、辞めたとたんV字回復されては後悔するのも無理はないかもしれません。

A会社に残っていたとしたら、年収はおよそ1.5倍ほど。

後悔する典型的な例だと思います。

後悔は心が作り出す無駄な感情

このように、今の環境が前の環境より悪くなれば多くの人は後悔しがちです。

しかし、このケースで仮に元の会社が倒産していたらどうでしょうか。

彼は、後悔するどころか、今の境遇を幸運だと喜んでいると思います。

このように、後悔は、今置かれている環境は変わらないのに自分の心の中で勝手に作る実にバカバカしい感情だと思います。

先にも書いたように私も彼と一緒に会社を辞めました。

私の場合、会社の業績や給料が問題だった訳ではなく、会社に振り回される生き方・依存する生き方が嫌だったから辞めた訳ですが、しばらくは苦難が続きました。

下の図は、プロフィールの箇所でも紹介している幸せ体感図ですが、30代後半にちょっと凹んでいる場所が会社を辞めた頃の幸せ体感度です。

幸せ体感図

会社を辞めたために幸せ感が落ちた訳ではなく、早期退職優遇制度で手にした400万円を詐欺まがいの投資話で全て失ったために不幸感が増した瞬間です。

殆んど全財産に等しかった額です。

でも、会社を辞めなければ良かった、と後悔した時は一度もありません。

それは、物事を決断する時、どうなっても後悔しないという覚悟もコミコミでするクセがついているためです。

会社を辞める時も、そして投資する時も後悔しないと決断しています。

若い頃はいつの間にか後悔の念が先に経っていましたが、繰り返し後悔しないトレーニングをすることでそれがクセになってきます。

この時期に後悔する気持ちが先行していたら、物事を思うように勧められず、その後のV字回復もなかったのではないかと思います。

人間ですから失敗することはあるかもしれませんが、自分で決めて行動を起こした訳ですから何があっても後悔しないと覚悟を決めることが重要だと思います

そして、その心構えがその後のリカバリーの成功率を高めると思います。

後悔しないと決断するために入念な計画を立てる

後悔しないと決断するためには、相応の計画を立てたり準備をすることが必要です。

人事を尽くして天命を待つ心境にならなければなりません。

アーリーリタイアについても同じです。

アーリーリタイアは失敗したら取り返しのつかないことになるかもしれない人生における大きな賭けです。

だからこそ、前もって失敗するケースなどを調べて、それにどう対応していけば良いか考えておくことは、後悔するキッカケを作らないためにも大事なことだと思います。

アーリーリタイアで失敗する例として考えられるのは、毎日が退屈で憂鬱だったり、孤独で寂しかったり、夫婦仲が悪くなったり、また、トラブルで資金が予想以上に減少したりといったケースがあります。

参考:アーリーリタイアに失敗する事例とその対応策

だからこそ、必要な資金を用意し、リタイア後の生活に想像力を働かせて入念な計画を立てて臨む必要があります。

それでも何らかの理由で失敗したら後悔という無駄な感情はできる限り排除するよう努力し、その後のリカバリーに取り組みたいものです。


セミリタイア生活