アーリーリタイア後の生活、年金への取り組み公開

早いもので2013年の中頃にアーリーリタイアして3年半ほど経ちました。

リタイア後の生活も今のところほぼ計画通りに推移しており、今年もどうにか無事に終わりそうでホッとしています。

ただリタイヤする当初描いていた、のんびりスローライフができているかといえばそうではありません。

十分ではないにしてもある程度の貯蓄があるのでもう少し平穏な生活ができるのではないかと思っていましたが、なかなかそうもいきません。

その主たる原因が年金問題です。

老後の年金生活は随分前から人並み以上に気にしており、自分なりに対策を講じてきたつもりですが。

私の年金への取り組み

私の場合、38歳まではサラリーマンだったのでそれまでは厚生年金(国民年金)に加入していました。

毎年誕生月に送付されてくる「ねんきん定期便」によると国民年金を60歳まで支払っても65歳からの年金支給額は年間110万円程度です。

国民年金基金に加入

38歳で脱サラをしてからしばらくは国民年金だけを支払ってきましたが、収入が増えてきた段階で国民年金基金に加入しました。

支払額はほぼ満額の月額6万5000円(年額78万円)ほどです。

この金額は最後(60歳)まで支払う予定です。

40歳過ぎ頃に加入しましたがこれを60歳まで支払って年金受給額は平均で年間およそ100万円ほどです。

平均でというのは、国民年金基金は、受給開始時期や受給期間(期間限定分と終身分)を選んで組み合わせて掛けることができるためです。

これにより、何歳から一律いくらを受給するという貰い方だけではなく、年代ごとにいくら受給するといったある程度計画立てて受給することが可能です。

ちなみに私の場合は、
・60歳から年間60万円受給
・65歳から年間130万円受給
・75歳から死ぬまで年間80万円受給
といったように受給バランスを振り分けています。

厚生年金分と合わせて65歳から年間240万円ほど、75歳頃になると190万円ほどに減りますが、妻が受給の対象になりますので、それくらいを維持できると考えています。

ただ、これは現在の制度での数字です。

少子高齢化により、年金支給開始年齢の繰り下げや減額が見えていますので、アーリーリタイヤ時に作成した計画表では、厚生年金分の支給開始年齢を70歳、受給額を現在予定されている65歳の支給額の90%としてシミュレーションしています。

万が一、今のままの制度が継続できても受給開始は繰り下げて70歳以降からとする予定です。

現制度では70歳に繰り下げれば厚生年金部分はおよそ4割増しということですが、その分はリスクを加味して敢えて無視したシミュレーションにしています。

※国民年金基金には現在のところ繰り下げの制度はありません。

年金で不足する分は貯蓄から取り崩します。

尚、国民年金基金は前納がお得です。

不安要素は私が死亡した後の妻の生活

例えば、万が一、80歳で貯蓄が枯渇しても、妻と合わせて年間280万円近くの年金があれば、どうにかやっていけそうだと考えたいのですが、残念ながら私が先に死んでしまうと妻は月に10万円に満たない年金でやっていかなければならなくなり、実質生活は破綻します。

参考:私が死亡した後の妻の年金額が心配

従って、私が死亡した後でも生活ができるように貯蓄を残せるようにしなければなりません。

そのためには、大きなインフレがあっては困りますし、国民年金基金が破綻して年金額が突然月額10万円減ったといったことがあっても大変です。

最近は企業年金の破綻をよく耳にしますが、これから益々少子高齢化が進みますし、国民年金だから国民年金基金だからといって安心はしていられない気がします。

そういう事態に備えた対策もできる限りとるようにしなければなりません。

心配するときりがありませんが、だからこそ今できる最良のことをしなければと考えています。

勿論、不安がってばかりではなく今を楽しむことも大事です。

ともあれ、今年は大きなインフレもなく、年金の破綻もありませんでした。

健康で無事1年を過ごすことができて感謝しています。

来年も無事1年が過ごせますよう祈念してパソコンを閉じたいと思います。

参考:50歳でリタイアするために最低必要な貯金額は?


セミリタイア生活