PCサイトのスマートフォン対応

先日、Googleから届いた、

重要: Google 検索でモバイル向けかどうかが重視されるようになります。」

を受けて、実際、以下の対応をとりました。

スマホ用ページの作成

スマートフォン用ページの作成と言っても、技術的には普通のウェブサイトの作成と何ら変わりはありません。PC用ページとは別にスマホ用の小さい画面に合わせるべく、閲覧しやすいようにフォーマットや画像の大きさを修正・調整しながらスマホ用ページを作成します。

(例)

下記のPC用サイト(ページ)を持っていた場合、
http://www.test.com/a.html
http://www.test.com/b.html

それぞれ、下記のスマホ用ページを作成します。

http://www.test.com/smaho/a.html
http://www.test.com/smaho/b.html

スマホ用のページは任意の名前で自由に作ることが可能です。

スマホ用のページを作成したらモバイル対応できているかどうかがチェックできるサイトでチェックし、必要に応じて修正を加えていきます。

リダイレクト設定

スマホ用のページが問題なく作成できたら、スマートフォンなどからアクセスされた際にスマホ用のページにリダイレクト(飛ばす)する設定をします。

すなわち、PCからアクセスがあった場合は、そのまま、
http://www.test.com/・・
を表示し、スマホなどからアクセスがあった場合は、スマホ用のページ
http://www.test.com/smaho/・・
を表示するよう設定します(リダイレクト)。

リダイレクトは、.htaccessで行います。

RewriteEngine on
RewriteCond %{REQUEST_URI} !/smaho/
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} (ipod|iPhone|Android.*Mobile|Windows.*Phone)
RewriteRule ^(.*)$ smaho/$1 [R] RewriteBase /

 

この設定でスマホからPC用のURLにアクセスがあった場合は、スマホ用のURLに自動的にリダイレクトされます。

但し、この時点で同じ内容のページがPC用とスマホ用で2つづつ存在することになります。Googleにこれらが重複したコンテンツではないことを知らせるために次の2つのタグを記述します。

link rel=”alternate”タグの使用

Googleにスマホ用のページが別に存在することを伝えるタグです。

PC用ページ(http://www.test.com/a.html)のHTML(ヘッダー部分)に、

<link rel=”alternate” media=”only screen and (max-width: 640px)” href=”http://www.test.com/smaho/a.html”>

 

と記載します。複数ページあれば全てのページに記載します。

これにより、検索エンジン(Googlebot)に、「http://www.test.com/smaho/a.html」は、
「http://www.test.com/a.html」
の代替コンテンツであることを認識させることができます。

link rel=”canonical”タグの使用

スマホ用ページ(http://www.test.com/smaho/a.html)のHTML(ヘッダー部分)に、

<link rel=”canonical” href=”http://www.test.com/a.html”>

 

と記載します。複数ページあれば全てのページに記載します。

これによって、検索エンジン(Googlebot)に、「http://www.test.com/smaho/a.html」は代替えページで、「http://www.test.com/a.html」
が代表するページであることを認識させることができます。

以上で対応は終了です。

モバイルフレンドリーテストでも

問題ありません。このページはフレンドリーです

と表示されます。

モバイルフレンドリーのテルト画面

この状態でしばらくすると、スマホでGoogle検索をした場合、スマホ対応したページは「スマホ対応」と表示されるようになります。

 


セミリタイア生活