50歳でアーリーリタイアをすることに至った経緯

50歳でアーリーリタイアを決断するまでの経緯

昨年、ちょうど10年続けた法人を解散してアーリーリタイアしました。

ちょうど50歳の時でした。

続けていればその後もそれなりの収入は見込めたのですが、あえて辞めました。

今回は、50歳でアーリーリタイアをすることに至った経緯について記してみたいと思います。

50歳でアーリーリタイアを決断するまでの経緯

私の場合、38歳でサラリーマンを辞め、その後12年間自営業をした後、仕事自体も辞めました。

東日本大震災でアーリーリタイアという発想が生まれる

万が一、今後事業がうまくいかなくなってもしばらくは生きていけるだけの資産は築けたなとほっと一安心していた頃、あの東日本大震災が起こりました。

およそ3年ほど前です。

毎日放映される津波の画像を観て、自分の生き方を問うようになりました。

この頃、自分の資産を棚卸して整理すると生活をスリム化すれば何とか貯蓄と年金だけでやっていけそうなことが判明。

それまでは思ってもいなかったことですが、アーリーリタイアという選択肢が降って湧き、頭に定着してしまいました。

2年間リタイアするかどうか悩む

しかし、すぐには決断はできません。

このまま、忙しくて束縛やしがらみやストレスの多い仕事を続けるか、収入を犠牲にしてリタイアし自由で開放的で心豊かな生活を選択するか、随分悩みました。

仕事を続けていけばお金も減りません。何より経済的に「安心」です。

一方、忙しくてストレスが多くセカセカした毎日にピリオドを打ち、贅沢はできなくても精神的にもゆとりのあるゆっくりした生活にも大変魅力があります。

幸せって何なのか、生きている時間を大切にしているか、などと考えるうちにリタイアするという決断をするまでにはそれから2年以上かかってしまいます。

やはり心配なことは経済的なことです。

不動産経営などで不労所得といったものも考えてみましたが、震災もあった後でもあり、想定通りにいかないリスクが多いこともあって貯蓄と年金だけに頼ったリタイアに拘わることにしました。

このままズルズルと辞めきれないでいるのか、とも思いましたが、時の流れというのは不思議なものです。2年という時間のおかげで特に大きなパワーを必要とせず覚悟ができ、決断してアーリーリタイアに踏み切ることができました。

10年をお金で買うという発想でリタイアを決断

悩んだ2年間は貴重な時間でした。

仕事をフェードアウトさせながら生活をスリム化し、貯蓄に励みましたし、何度もリタイア後の生活をシミュレーションしました。

後はリタイアを実行に移すだけです。

そしてそれを後押ししてくれたのは、本来は60歳くらいまで仕事を続けるつもりでしたので、10年分の収入をとるか10年という自由な時間を取るかといういたって単純な問題であることに気づいたことです。

言わば、50歳でのアーリーリタイアは、凄く高い買い物ではありますが、家や車を買うのと同じ感覚で10年という時間をお金で買うようなものです。

そういう風に考えるようになってから、リタイアすることがさほど大きな決断を要する選択ではないと思うようになりました。

そしていよいよ、10年という時間をお金で買うという発想でお金の問題に決着をつけアーリーリタイアに踏み切りました。

まとめ

かくして私は50歳でアーリーリタイアしました。

リタイアするかどうかは、その人の価値観の問題です。

「今後生活できるだけの収入分」が宝くじで当たった場合あなたはどうしますか?

物質的な欲求を優先する人であれば車や家にお金を使うでしょうし、自由な時間を優先させたい人は仕事を辞めるかもしれません。

また、人間いつまで健康でいられるか分かりませんし、いつ死ぬかもわかりません。

私の場合、残り1年しか生きられないとしたら仕事は辞めるに決まってます。

私の場合、このような経緯を経て、生活に余裕はありませんが、質素に「足るを知る生活」(現状に満足して多くを求めず感謝しながら生きるという生き方でしょうか)を心がければ、より幸せな人生が送れるのではないかと考えてアーリーリタイアしました。

関連記事

早いもので50歳でアーリーリタイアしておよそ6年が経ち、このブログを立ち上げて早くも5年が経とうとしています。将来に対する不安は少しばかりあるものの今の生活は快適そのもの。リタイアして6年経った今でも全く飽きませんし、早期に[…]


セミリタイア生活