アーリーリタイア生活、2017年の資産減少額

こんにちは有栗です。

今年はアーリーリタイアをして5年目を迎えます。

お蔭様で今のところ快適なリタイア生活を満喫しています。

さて、リタイア組としては最も気になる資産の推移ですが、2017年の収支がほぼ確定しましたのでザックリ公開しようと思います。

2017年の収支

収入

収入は、私のアフィリエイト収入約250万円(予定納税額をザックリ差し引いて合計180万円)と妻のパート収入約100万円の合計約280万円です。

支出

これに対して支出は約580万円。これには納税額は含まれていません(収入によるため別計算)が、生活費に加えてエアコンや洗濯機などを取り換えた費用(約40万円)や国民年金基金(約80万円弱)の支払いが含まれています。

収支

結果、差引約300万円の資産減少のはずですが、棚卸の結果とは150万円ほど狂いがあります。よく考えたら今年はROLEX売却による臨時収入?がありました。

この分を計算に入れて悪い訳はなく、結果約150万円の資産減少でした。

リタイアする時に作成したシミュレーションでは今年はおよそ430万円の資産減少でしたが、アフィリエイト収入の予想額が60万円だったのに対して180万円だったこととROLEX売却の臨時収入が入ったことで予想を大きく下回りました。

2018年の収支予想

今年2018年は少し厳しくなるかもしれません。

収入

アフィリエイト収入は、一昨年(2016年)の勢いの余韻で、昨年(2017年)の3月までの収入が150万円を超え、その結果、2017年は年間約250万円という収入になりましたが、3月以降は月額10万円ほどで、ここ数ヶ月に至っては月額10万円にも届かなくなっていますので今年は厳しくなることが予想されます。

強豪が増えたことに加えて昨年後半にGoogleのアルゴリズムに変更があったことが主な要因ですが、この状況をどうやって乗り越えていくかということを考えたり実践することがアフィリエイトの醍醐味でもあるので、対策を立てながらボチボチ頑張っていきたいと思います。

支出

水光熱費や食費、通信費などについては現状を維持できると思いますが、食洗機と大型テレビ、リビングのエアコンあたりはそろそろ7年~10年ほど経ちますのでいつ壊れてもおかしくありません。頭の片隅で覚悟しておきたいと思います。

収支

今年も例年通り私の年間収入目標を60万円としていますので予期せぬ大きな出費がなければほぼ予想通りの収支になると思われます。

今年もボチボチ頑張っていきたいと思います。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

充実したアーリーリタイア生活を送る秘訣は夫婦円満に尽きる

妻帯者の身で充実したアーリーリタイア生活を送る秘訣は何と言っても夫婦円満だと常々思っています。勿論、

記事を読む

夫婦でもらえる年金額を計算してみた

老齢年金受取予想額 国民年金、厚生年金保険の加入者には、年に一度、誕生月(1日生まれの人はその前月

記事を読む

アーリーリタイアを決断した理由その1

サラリーマン時代にお世話になった部長がいました。 部長になるまでは比較的順調だったと思いますが

記事を読む

レクサスGS450h、タイヤをレグノGR-XIに変えてみた

基本的に乗り心地も静粛性も高いレベルにあるレクサスGS450hですが、より高い乗り心地と静粛性を実現

記事を読む

むずむず脚症候群で眠れないので育毛剤を止めることにした

ちょっとした悩みの一つに軽い不眠症があります。 もう10年以上前から簡単には寝付けない体質にな

記事を読む

1日1食の効果・感想(途中経過)

1日1食を実践して2週間が経過しました。 GW開けの5月7日に69.5kgあった体重は、5月2

記事を読む

超ブラック企業に就職した息子から”会社を辞めたい”とLINEが。

今年、息子が東京のベンチャー企業に就職しました。 会社で開発したシステムを営業してまわる仕事(

記事を読む

5月なのにインフルエンザと診断されました

今週の月曜日から何だか体がだるいと思ったら、火曜日から発熱。 水曜日・木曜日と咳が出始めて熱も

記事を読む

事業を譲渡するという話がきたが。

こんにちは有栗です。 先日、商店街を歩いていると、自営業

スペシャルな血液検査を受けました!その結果は?

先日、ノコギリヤシの副作用で筋肉痛?横紋筋融解症って? という

新型レクサスES 2018は買いか?

昨年くらいから噂はありましたが、レクサスGSは廃止になり、その

BMW330eの不具合!給油口が開かない。

こんにちは有栗メンバーです。今回は久しぶりに車(BMW)ネタで

私が死亡した後の妻の年金額が心配

私が死亡した場合、妻はいくら年金を貰えるのか。心配事の一つです。

PAGE TOP ↑