ROLEXの売却金額を家電の修理代に充当

ROLEXの売却金額を家電の修理代に充当

昨年の年末から年始にかけて我が家の色々なものが不調になり、その修理費用などでかなりの出費になりましたが、幸いROLEXが予想外に高く売れたのでその金額を家電の修理に充当しました。

不調になったものとは、水まわりの製品・部品だったり電化製品だったりです。

考えてみればこの分譲マンションを購入してから9年近く経ちます。

入居時に買い揃えた電化製品などがそろそろ寿命を迎える時期にきています。

キッチンの蛇口を交換

最初の不調が、キッチンの蛇口からの水漏れです。

10秒間隔くらいにポタリポタリと蛇口から水が落ちます。

蛇口からの水漏れ

パッキンの劣化だとは想像がつきましたが、適合するパッキンを買ったり、取り替える作業が面倒そうだったので業者さんに修理を頼むことにしました。

部品自体は4,000円ほどでしたが、作業費と出張費込で1.5万円。

覚悟していた金額ですが、作業を見ているとそんなに難しそうでもなかったので次回は自分で交換しようと思いました。

ナノイー発生器が故障

次に壊れたのが、ナノイー発生器です。

寝室に置いて4年ほど使いましたが、とうとう動かなくなりました。

保証も切れていたので処分することに。

ナノイー発生器

ROLEXの針が止まる

今年になって、時計が動かなくなりました。

今から6年ほど前に脱サラ10年を記念して買ったROLEXです。

おそらく我が家にあるもので一番高価なものです。

ROLEXは3年毎くらいに時計を分解して清掃するオーバーホールというメンテナンスが求められています(車検と違い義務付けられているものではありません)が、デイトナという種類の場合はそのメンテナンスだけで6万円前後かかります。

オーバーホールで動き出すこともありますが、部品の交換などの修理ともなるとそれ以上の費用がかかる可能性もでてきます。

そこで、今年からの抱負(目標)で「物欲を捨てる」という項目をあげていましたので、この際、処分(売却)することにしました。

買取業者の提示価格を比較したり、実際に福岡に出向き、査定をしてもらったりして最も買取条件のいいところに売却しました。

結果、購入した時とほぼ同じ値段で買い取ってもらうことができました。

円高の時に購入した人気モデルなので6年以上経った今でも、しかも動かなくなっていても購入時とほぼ同じ価格で売れるとはROLEXマジックです。

売却する時はそうでもなかったのですが無くなると寂しいものです。

いつか円高になってその時余裕があればまた買いたいと思います。

腕時計「ROLEX」

エアコン2台が不調に

ほっとしたところで今度は寝室と事務部屋のエアコン2台が不調になりました。

冷暖房機能は問題なかったものの、室外機のモーター音が異常にうるさい。

常時ではなく、何かの条件が揃った時にうるさくなるようです。

先月あたりから気にはなっていたものの、最近は、驚くほどうるさくなってきて室内にいても無視できない音になってきました。

マンションなので隣近所に迷惑もかかってしまいます。特に寝室のエアコンは深夜の騒音になるので隣人トラブルの原因にもなりかねません。

業者に事象を説明しておよその修理費用を確認したところ1台3~5万円とのことでしたし、そろそろ9年になるため、寝室と事務部屋(このブログを書いている部屋)のエアコンを一緒に買い替えることにしました。

ちなみにナノイー発生器が壊れたのでナノイー付のエアコンにしました。

エアコンの室外機のモーター音がうるさい

ROLEXの売却金額を家電の修理代に充当

キッチンの蛇口の交換費用とエアコン2台の取り替えで合計17万円ほどの費用がかかりました。

想定内と言えば想定内ですが、幸い、ROLEXが想像以上の価格で売却できたのでそのお金を充当することにしました。

結果、生活費を管理しているエクセル上の数字は減少せずほぼ動かず。ホッとしています。

これで落ち着けばいいのですが・・・。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ