就職活動をしながらも夢を追い、50代で歌手を目指す知人がいます

50代になっても夢を追う知人がいます。

14年前に一緒に会社を早期退職した知人(Y)は、最初にリサイクルショップを始めましたが、経営がうまくいかず、店を畳んでからは、就職活動を続ける傍ら、童話作家、小説家、ITビジネスなど色々なものにチャレンジしながら夢を追いかけています。

そんな彼に最後に会ったのは昨年の夏。報告があるということでいつもの居酒屋で食事をすることにしました。

食事中、彼はおもむろにバッグを開け、CDプレイヤーとイヤホンを取り出し、イヤホンを私に差し出します。

「CDデビューしました!」と。

最近、一人カラオケにはまり、自分の歌う声を録音してYoutubeにアップして楽しんでいるといいます。そうしているうちに、東京のインディ-ズ会社と知り合い、自ら作詞・作曲をしてCDを出したということでした。

個室でもない居酒屋で、しかも目の前の人間が歌っているCDを聞くのには少し(というか相当)抵抗がありましたが、断りきれずに聞いてみることに。

彼の歌声はいつも2次会のスナックのカラオケで聞いているので、今更歌声を聴いたところで新鮮さはないのですが、作詞内容と作曲(メロディー)はそんなに悪くはなく、ちょっと前の演歌風な曲で、有名な歌手が歌えばヒットしそうな感じです。正直、素人にしては上出来だと思いました。

感想を彼にそのまま伝えると、気を良くして、バッグの中から「CDをセールスして回る会社」をまとめたノートを取り出し説明を始めました。優に50社を超えていたと思いますが、彼はCDを片手に恐らく全ての会社を回ると思います。

「いい報告ができるよう頑張ります。忘年会の前に1度食事しましょう。」

というのが最後で、あれから年もあけて10ヶ月近く経ちました。

セールスが思うようにいってないのでしょう。

いい歳してそんな子供のような夢を追い続けるのはもういい加減に止めたらどうかと言うのは簡単だし、何度かそのような話はしたことがあるのですが、彼のことを考えると、ギリギリの状態で必至で生きながら、夢を追い続けることによって精神状態を保てているのではないかと思うんです。

実際、14年前に会社を辞めた後、職を転々としながら理想と現実のギャップに苦しみ鬱病を患ったこともありました。

その都度彼は奮起して頑張っています。

そんな彼ですが、今年に入って就職を果たしたと風の便りに聞きました。

今度は長続きできればいいのですが・・・。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ