50代で無計画に会社を辞めた男はその後どうなったか

50代で無計画に会社を辞めた男はその後どうなったか。

先日、今年の春に会社を退職した知人と久しぶりに会食しました。

会社の業績不振で人員削減の対象者となり、51歳で会社を辞めた男です。

参考記事

先日、知人の51歳男性が、会社の業績不振で人員削減の対象者となり、会社を退職したとの事後報告がありました。会社に残ることを強く希望すれば残ることも可能だったらしいのですが、日頃から上司との折り合[…]

50代からの転職は本当に厳しいのか

人員削減の対象者とはいえ会社に残ることを希望すれば残ることも可能だったらしいのですが、日頃から上司との折り合いが悪く勢いで辞めたと言ってました。

会社都合による退職だったため、失業保険が1年近く貰えるそうで、今もまだ失業保険を受給して生活していると言います。

退職してから半年ほどはそうでもなかったらしいのですが、半年経った夏の終わり頃から、まだ50歳で仕事人生はこれから15年以上あるという現実がひしひしと押し寄せてきたようであわてて就職活動をはじめたようです。

ハローワークを通してもろくな仕事は無いといいつつもこれまでに6社にアプローチをかけ、2社の面接にこぎつけたようですが、いずれも不採用になったと愚痴をこぼしてました。

一応やる気をもって2ヶ月ほどで6社にアプローチをかけ、年収も以前の半分ほどで妥協しようと思っていたらしいのですが、それでも雇ってくれるところはなかったということで焦りと不安を感じはじめてます。

結構、のんびりと構えていたので大丈夫かと心配でしたが案の定です。

有効求人倍率も数十年ぶりの高水準とはいえ中年の就職には関係なさそうです。

年内には就職先を決めていい正月を迎えたいと言ってましたが、現在までに連絡がないところを見るとそれも難しそうです・・・。

一方、40代ですが、転職というか独立に成功した人とも会食をする機会がありました。

私が以前勤めていた会社の人事部にいた人間で年齢は48歳。

42歳の頃に社会保険労務士になる計画を立て、独学で勉強し、44歳で国家試験に合格。

2年ほど居候で社労士事務所に勤めてからクライアントを分けてもらって独立。

独立して2年ほど経ちますがどうにか生計が立てられるようになったようです。

ホームページを作りたいということでお声がかかりました。

転職というより独立ですが、絵に書いたような成功例です。

中高年からの就転職・独立は勢いや思いつきや無計画で行うものではありません。

計画を立てて準備する期間を設けなければ成功の確率も低くなる事例だと思います。

関連記事

長年、年賀状のやり取りだけになっていた知人と久しぶりに東京で会うことに。彼はいわゆる一流大学を卒業して商社に就職。その後転職して今は東京のアパレル会社で営業マンとして働いています。[…]

過酷な労働でも働き続けなければならない理由

セミリタイア生活