アーリーリタイア後にブログを始めた3つの理由

アーリーリタイア後にブログを始めた3つの理由

今回は、ブログを開設して初めての記事ですので、ブログを始めた理由なるものを書きとどめておきたいと思います。

私がインターネットを本格的に活用し始めたのは、約15年ほど前です。

その後、インターネットを利用した仕事を10年以上続けてきましたので、本来、ブログは身近に感じる存在だったはずですが、特に自分がやる意味も魅力も見いだせずに今日まで手をつけずにきました。

そもそも、文章が書けませんし、書くネタもありません。

写真を撮って掲載するなんて手間も面倒くさいし、そんな暇もない。

そして何より「ずっと更新し続けることが難しい」ということがわかっていました。

ときどき他人様のブログを拝見するも、半年続けている人はごく僅か。

自分も始める前から”続けることができないこの手のタイプ”と決めつけていました。

いえ、今だって続けていく自信は正直ありません。

アーリーリタイア後にブログを始めた3つの理由

そんな自分がブログを始めるキッカケになったのがアーリーリタイアです。

そうなんです。私は昨年、50歳の時に仕事とさよならしアーリーリタイアしました。

関連記事

昨年、ちょうど10年続けた法人を解散してアーリーリタイアしました。ちょうど50歳の時でした。続けていればその後もそれなりの収入は見込めたのですが、あえて辞めました。今回は、50歳でアーリーリタイアをすることに[…]

50歳でアーリーリタイアをすることに至った経緯

リタイアする前にリタイアするについて気になることを色々と調べた際、若くしてリタイアした先輩方のブログは大変参考になりました。

多くの有益な情報を得ることができましたし、これからリタイアをしようとする私にとって刺激や励みにもなりました。

そこで自分もリタイア後の生活に関する情報を提供できないか、また、趣味の一環としてブログ書きを取り入れてもいいのではないか、そう思いブログを始めることにしました。

有益な情報が提供できないか

これまでの経験やアーリーリタイアに対する考え、またリタイアした後の日常を綴ることで少しでも後に続くア-リーリタイア組に有益な情報が提供できないか、そう思ったのがこのブログを始めるに至った最も大きな理由の一つです。

ブログのテーマ上、アーリーリタイアを目指したり実践されている方が多く読まれるでしょうから、リタイアについてどう考えているか、生活の仕方や投資・資産運用への取り組み、保有資産の推移などを中心に綴っていきたいと考えています。

しかし、当ブログはそれだけでは無機質になるのではと考え、特に旅行や車、日常などの雑記も綴って親近感を高めることに拘っていく予定です

考えの変遷と議事録的な役割

他人様に読んでもらうためというのもありますが、自分自身のための記録としても活用していきたいと思います。

日常を記録するだけでも長く続けていれば自分の考えの変遷がみれそうです。

時にメモや議事録的な役割を果たすこともあるかもしれません。

あの時はこういうことを考えていたんだなあと後から振り返るのも楽しいかもしれませんし、時には初心にかえって新鮮な気持ちになるかもしれません。

趣味としてリタイア生活にちょっとしたストレスを

リタイア後は、趣味としてアフィリエイトを始めましたが、息抜きとして時々ブログを書くのもいいかと思いました。

それに今は時間もあります。アーリーリタイアして1年近く経ちますが、仕事をしていた時と比べてストレスが一気になくなりました。

だらだらと生活するよりも定期的にブログのネタや文章を考え、更新するといったストレスを自分に課した方が生活に刺激を与え充実すると思います。

資産運用(投資)でセミリタイア生活を続けている人は多いと思いますが、アフィリエイトでセミリタイア生活を続けている人は少ないのではと思い、アフィリエイトの動向も綴っていきたいと思います。

関連記事

アーリーリタイア後は実益を兼ねた趣味としてアフィリエイトを選択。小遣い稼ぎをしながらセミリタイア生活を送っています。アフィリエイトとの出会いはじめてアフィリエイトというものを知ったのは、インターネットでネットサーフィ[…]

アーリーリタイア後は趣味としてアフィリエイトをはじめました

まとめ

そんな訳で、50歳でアーリーリタイアした男のセミリタイアブログというタイトルでブログを立ち上げた次第です。

頻繁には更新できないと思います(断言口調で申し訳ないです)が、ブログを書く際は、自分の考えを入れつつ、できる限りこのブログを見てくれる方のニーズに答えるべく努力していきたいと考えています。

いつまで続けることができるか分かりませんが、続けることに意義があるという思いでできるだけ続けていきたいと思います。

宜しくお願い足します。


セミリタイア生活