いくら貯蓄があるかしつこく聞いてくるので、ひとこと言ってやった!

いくら貯蓄があるかしつこく聞いてくるので、ひとこと言ってやった!

こんにちは有栗です。

久しぶりの更新です。

最近は週1の更新というペースが守れず、そろそろ止め時かなぁとも考えましたが、

めっきり訪問者は少なくなったとはいえ、毎日200人ほどが訪問してくれてますのでたまには更新しなければ、と思い更新しています。

先月は、2つしか記事を書いていないのに訪問者が500人を超えた日があって何だろうと調べたら「エアコン ポコポコ音 台風」で検索した方からの流入でした。

それにしても今年の台風による被害は半端ないですね。

テレビで見る河川の氾濫の光景はまるで東北大震災の津波のようです。

 

さて、少し前ですが中学生の時の同窓会がありました。

私は都合が悪くて欠席したのですが、その次の日、広島から帰省して同窓会に参加したS君に久しぶりに会いました。

最後に会ったのが私がリタイアする3年ほど前だったのでおよそ10年ぶりです。

彼は誰もが知っている某有名企業で働いているのですが、神経質な上、性格もきつくて傲慢なせいか独身を貫いています(というか結婚したくてもできないようです)。

子供の時はそうではなかったんですけどね。

もともとの性格なのか環境が性格を変えたのか。

やんちゃをした者同士として友達ではありますが、大人になって出会っていたら敬遠したいタイプですし、私が女性だったら決して結婚したいと思うタイプではありません。

今回久しぶりに彼と会って会話をしましたが、やはり彼が話すことはもっぱら自慢話でした。

何の話をしていても随所に自分の出世と金持ち自慢を挟んできます。

同期トップで部長に昇進したかもしれませんが、蹴落としてきたタイプでしょうか、同僚や部下に対する批判や不平不満は聞いている方も疲れるほど酷いものでした。

周囲からは相当嫌われていることが想像できます。

お金に関しても執拗に自慢話をします。

彼が言うには、貯蓄額はおよそ8,000万円。

賃貸マンション(持ち家ではなく)で家族がいないとはいえ、なかなかの貯蓄額です。

定年後や老後の話になると、同窓会ではいい年こいているのに貯金がないやつもいた、とか、みんな老後の生活も考えずお金を貯めとかないなんてバカじゃないの、とか、老後2,000万円は余裕だよといった話をしていました。

同窓会でも自慢話をしたんでしょうね。

そして、私が50歳でリタイアしたことに話が及ぶといくら貯蓄しているか執拗に聞いてきました。どうも自分と比べたがっているようです。

聞いてどうする、と、のらりくらりとかわしましたが、それでもしつこく聞いてきます。

そこで、友達ですし、今後の彼のためにも、ひとこと言ってやることにしました。

子供を一人育てるのにいくらかかるか知ってる?

2,000万円から3,000万円って言われているらしいよ。2人いれば4,000万円。

それに家を買うと、田舎でも3~4,000万円はするでしょう。

そういう家庭を持っている人はそれだけのお金を使ってるんだよね。

S君、そのお金引いたらいくら残る?

それにさ、みんな考えなければならないことは仕事だけじゃないよ。

家庭のある人は、これまでの人生で奥さんや子供のことにどれだけ時間を割いてきたか。

その間、ずっと仕事に集中できたS君は出世競争では有利だったかもよ。

みんな仕事(会社)だけじゃないからさ。

すぐに考えが偏ってることとウザイと言いたかったことを理解してくれたと思います。

すぐにおとなしくはなりましたが、それでも険悪なムードにならないのは中学生時代の友達だからですね。

結婚したらすぐに家を建てるんだけどね。とボソッと言ってました。

彼は家庭がない虚しさを私にぶつけたかったのだと思います。

わかってはいるんですけど、それでは生産性がないですからね。

人と比べず、一人を受け入れてみんなを認めてあければもっと人生が快適になるのに。

それに容姿も悪くありませんし経済力もある訳ですから家庭を持つチャンスもまだあります。

今回はそこまでしっかり言ってやりました。

今度会う時どうなっているでしょうか。

そんなに簡単に変われるものではありませんけどね。

関連記事

こんにちは有栗です。ボーナスのシーズンですね。先日、以前勤めていた会社(といっても20年近く前ですが)の同僚だった男と会食をしました。年に1度か2度、友人の経営する居酒屋さんで会[…]

人と比べながら生きるってしんどいという話
関連記事

先日、10年ぶりくらいに中学3年生の時の同窓会がありました。友人から一緒に行こうと誘われましたが、都合が悪くて不参加。同窓会の様子は、その後、同窓会に参加した友人から報告を受けました。[…]

同窓会でわかった親友の死亡。自分も後悔のない人生を

セミリタイア生活