アーリーリタイアした日

公開日:: アーリーリタイア

サラリーマンをリタイアしたのが今から16年ほど前の38歳の時。当時勤めていた会社の経営が傾き早期退職者を募集したタイミングで辞めました。

38歳で脱サラをすると2年目の40歳の7月1日に法人成りし、50歳の6月30日に会社を畳むべく清算の登記手続きをしました。

たまたまですが、この間きっかり10年でした。

司法書士に会社清算の登記を依頼しに行った時は、申し訳なさそうに「会社をたたむ時もお金がいるんですよ」と言われたことを思い出します。

事業に失敗して会社を畳む人が殆どでしょうからお金を請求することを気の毒に思ったのでしょう。

平行して税理士に清算結了の経理処理をしてもらっており、それが終わったのが清算の登記をして3ヶ月ほど経った頃でしょうか。

サラリーマンを辞めてリタイアするのと違って自営業は仕事を辞めてもこれらの手続きやそれに付随する作業がありますので、この日がアーリーリタイアした日というスッキリした日にちは特定できませんが、後から考えるとそれ以降何も作業が無かったので清算結了の経理処理が終わった旨、税理士から報告があった日がアーリーリタイアをした日、またはそれを実感した日と言えます。

その時はちょっとホッとした記憶がありますが、清算に向けて1年ほど前から仕事もフェードアウト(縮小化)してましたので、その感覚はさほど強くはなかったように記憶しています。

そんな私がアーリーリタイアを最も実感した日は翌年の正月の初詣の時でした。

毎年、今年も商売繁盛するようにと京都の神社を巡りいくつものお守りを買うのが恒例でしたが、その時は何か気が抜けたような感じになりました。

このように書くと仕事という張り合いが無くなって元気をなくしているように受け取られそうですが、決してそうではありません。

気が抜けたようなという表現は、もう少し正確に書くと緊張感が和らぎ、ホッと一息ついた感情が長い間続くような感覚です。

新しい年が始まって1週間ほどは、
・もう時間に縛られることも無くなる
・面倒くさいこともせずに済む
・人間関係のシガラミも無くなる
そういった開放感に満ちた気持ちでいっぱいでした。

あれから、4年ほどが経ちます。

良くも悪くもストレスや緊張感に乏しい日々が続いています。

参考:私はなぜアーリーリタイアを選択したのか

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

アーリーリタイア後のインフレ対策:米ドル建て個人年金保険

最近は円安による原材料価格の上昇に伴い、様々な食品が値上がりし、4月の消費税増税とあわせて家計を圧迫

記事を読む

アーリーリタイア生活。2016年を振り返って

今年もあっという間に1年が過ぎてしまいました。 本当、1年過ぎるのが年々早くなってきているよう

記事を読む

リタイア後にブログを始めた理由

はじめまして有栗です。 今回は、ブログを開設して初めての記事ですので、ブログを始めた理由なるも

記事を読む

アーリーリタイア生活は執着心を捨てると楽しくなる

面倒な確定申告が終わり、納税額もほぼ確定。 納税額を差し引いた現在の貯蓄残高もほぼ判明し、エク

記事を読む

アーリーリタイアしたからこそできるスキンヘッド

こんにちは有栗です。 久しぶりやってしまいました! いつも通っている美容室の担当の子が産

記事を読む

アーリーリタイア生活、妻との役割分担

先日、妻は私のリタイアに無関心といったブログを書きましたが、各々の考え方やリタイヤ後の役割分担をもう

記事を読む

アーリーリタイアして後悔していること

今日は、ときどきメールを頂いている方から「アーリーリタイアして後悔している点とかありますか?

記事を読む

スローライフはビジーライフ

スローライフはビジーライフ スローライフはビジーライフ。 先日のテレビの番組で、リタイア後に

記事を読む

無責任な投資の勧めはやめて頂きたい

最近は、投資信託などの積極的な資産運用は控えています。

ブログ村の新着記事に反映されない事象

当サイトは、「にほんブログ村」というブログランキングサイト

子供の存在が老後のリスクに

お金、健康、孤立は老後の三大リスクと言われていますが、近年

はとバスツアーで日光東照宮の旅

久しぶりに紅葉でも見ながらのんびりしたいと思い、先週末から

ブログの表示速度をアップ。作業効率を上げるのも節約の一つ

久しぶりにこのブログを管理しているレンタルサーバーを変更し

PAGE TOP ↑