アーリーリタイアした日

公開日:: アーリーリタイア

サラリーマンをリタイアしたのが今から16年ほど前の38歳の時。当時勤めていた会社の経営が傾き早期退職者を募集したタイミングで辞めました。

38歳で脱サラをすると2年目の40歳の7月1日に法人成りし、50歳の6月30日に会社を畳むべく清算の登記手続きをしました。

たまたまですが、この間きっかり10年でした。

司法書士に会社清算の登記を依頼しに行った時は、申し訳なさそうに「会社をたたむ時もお金がいるんですよ」と言われたことを思い出します。

事業に失敗して会社を畳む人が殆どでしょうからお金を請求することを気の毒に思ったのでしょう。

平行して税理士に清算結了の経理処理をしてもらっており、それが終わったのが清算の登記をして3ヶ月ほど経った頃でしょうか。

サラリーマンを辞めてリタイアするのと違って自営業は仕事を辞めてもこれらの手続きやそれに付随する作業がありますので、この日がアーリーリタイアした日というスッキリした日にちは特定できませんが、後から考えるとそれ以降何も作業が無かったので清算結了の経理処理が終わった旨、税理士から報告があった日がアーリーリタイアをした日、またはそれを実感した日と言えます。

その時はちょっとホッとした記憶がありますが、清算に向けて1年ほど前から仕事もフェードアウト(縮小化)してましたので、その感覚はさほど強くはなかったように記憶しています。

そんな私がアーリーリタイアを最も実感した日は翌年の正月の初詣の時でした。

毎年、今年も商売繁盛するようにと京都の神社を巡りいくつものお守りを買うのが恒例でしたが、その時は何か気が抜けたような感じになりました。

このように書くと仕事という張り合いが無くなって元気をなくしているように受け取られそうですが、決してそうではありません。

気が抜けたようなという表現は、もう少し正確に書くと緊張感が和らぎ、ホッと一息ついた感情が長い間続くような感覚です。

新しい年が始まって1週間ほどは、
・もう時間に縛られることも無くなる
・面倒くさいこともせずに済む
・人間関係のシガラミも無くなる
そういった開放感に満ちた気持ちでいっぱいでした。

あれから、4年ほどが経ちます。

良くも悪くもストレスや緊張感に乏しい日々が続いています。

参考:私はなぜアーリーリタイアを選択したのか

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

アーリーリタイア生活、2017年の資産減少額

こんにちは有栗です。 今年はアーリーリタイアをして5年目を迎えます。 お蔭様で今のところ

記事を読む

朝起きてから寝るまで独り。老後の不安「孤独」。アーリーリタイアも孤独に注意。

経済的な面や健康面が不安視されている老後の生活ですが、健康面、経済面に問題がなくても「孤独」という不

記事を読む

いくらあればアーリーリタイアできるか。もう一つの計算式!

アーリーリタイアするにはいくらの貯金(資産)が必要かというキャッチフレーズは、今でも雑誌やネット上で

記事を読む

人生一度きり。好きなように生きてる?私はアーリーリタイアしました。

先日、俳優の大杉漣さんが亡くなりました。 別にファンだった訳ではありませんが、テレビでもよく拝

記事を読む

アーリーリタイア後の趣味の選び方

アーリーリタイア後の生活を充実したものにするために、日常に趣味を取り入れることは、とても重要

記事を読む

セミリタイア生活初。アフィリエイト収入の確定申告(白色)

14年ぶりに自分で確定申告をしました。 おぼろげな記憶ですが、サラリーマンを辞めて自営業を開始

記事を読む

アーリーリタイアの特権?

アーリーリタイア後は、趣味と実益を兼ねてアフィリエイトをしていますが、アフィリエイト用に作ったホーム

記事を読む

アーリーリタイアを決断した理由その1

サラリーマン時代にお世話になった人がいました。違う部署の部長です。 部長になるまでは比

記事を読む

ブログ村の新着記事に反映されない事象

当サイトは、「にほんブログ村」というブログランキングサイト

子供の存在が老後のリスクに

お金、健康、孤立は老後の三大リスクと言われていますが、近年

はとバスツアーで日光東照宮の旅

久しぶりに紅葉でも見ながらのんびりしたいと思い、先週末から

ブログの表示速度をアップ。作業効率を上げるのも節約の一つ

久しぶりにこのブログを管理しているレンタルサーバーを変更し

BMW330e iperformanceのストレスのない走らせ方

久しぶりに愛車BMW330e iperformanceの記

PAGE TOP ↑