レクサスGS450hのここがイマイチ

レクサスGS450hのここがイマイチ

殆ど不満のないレクサスGS450hですが、こちら(レクサス関連)へのアクセスが非常に多いため、情報発信として「敢えて不満があるとしたら」という点からいくつか不満な点をピックアップしてみたいと思います。

レクサスGS450hのここがイマイチ

LKA(レーンキーピングアシスト)

レーンキーピングアシストとは、高速道路などを一定速度以上で走行している場合に、車載のカメラで左右の白線(黄線)を認識し、電動パワーステアリングを制御することで車線内走行をしやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートする機能です。

オプションですが、高速道路の運転が楽になるだろうと思い、装備しました。

ですが、これがあまり使えません。

高速道路(一定速度以上)でハンドルについているLKAボタンを押すと、白線を認識し(認識したマークがディスプレイに表示されます)、白線内を逸脱しそうになると白線内におさまるようにステアリングに”小さな”操舵力を連続的に加えてくれます。

あくまでもステアリング操作を「サポート」「警告」するものですので、操舵力は本当に小さく、ハンドルに手を添える程度によっては白線内を逸脱しそうになり警報ブザーがなります。

やや自動運転的な機能を期待していたのですが、かなり期待外れでした。

技術上は、自動運転も既に可能ですが、あくまで運転するのはドライバーというスタンスを維持するため敢えて補助的な機能にしているようです。

操舵力を強くして過度に運転を支援するような仕組みにするのはむしろ望ましくないということで規制されているとか。

その結果、ちょっと油断すると白線をはみ出しそうになり、警報ブザーが。

車線を認識しずらくなっても警報ブザーが。

車線を変更するときもウィンカーを作動させて移動しないと警報ブザーが。

おだやかに運転できません。

とはいえ、渋滞がなく、カーブが滑らかで、しっかりとした白線がある区間であれば、ハンドルに軽い力をそえてやや快適に走ることができます。

レーンキーピングアシストは、快適(楽)に運転する、というよりは居眠り運転などによる事故の防止的な要素が強いと思います。

HUD(ヘッドアップディスプレイ)

ヘッドアップディスプレイとは、フロントガラスに車速やナビゲーションなどドライビングに必要な情報を表示してくれる機能です。

ナビと連動し、進むべき道を簡単にナビゲートしてくれたりもします。

ナビを確認する必要がなくなり、視線移動を最小限に抑えることができます。

私の場合、より多くの情報を提供してくれるナビの画面をメインに使用していますが、ナビ画面を消して、たまにHUDナビを使用する場合があります。

それはそれで便利なのですが、使えないのはボタンの位置です。

HUDを動作させようと、ボタンを押したいのですが、ボタンがハンドルで完全に隠れており、手探りで探そうにも、その場所には、色んなボタン類が集中しており、定まりません。

目視でボタンを探す際は、視界が完全に前方から外れてしまい、運転中は安全性が損なわれてしまいます。

もう少し操作性の良い場所にボタンを配置してくれれば助かるのですが。

・・・とまあ、これくらいでしょうか。

二つとも使うことも少ないし、使わなければ済みますので、不満といったレベルではありませんが、強いていえば、イマイチなところ、というものです。

関連記事

レクサスGS450hの試乗に引き続き、レクサスGS450hにおよそ2年間2万キロ乗っての感想・評価です。主に前車のレクサスISや3日間ほど乗った旧レクサスGSとの比較になりますが、これからGS450hの購入を検討されている方[…]


セミリタイア生活