アーリーリタイア後に始めたアフィリエイトの時給が2年で100倍になりました。

アーリーリタイア後に始めたアフィリエイトの時給が2年で100倍になりました。継続は力。

アーリーリタイア後は、趣味とちょっとしたお小遣い稼ぎ、また将来のインフレなどのリスクに備えてアフィリエイトを始めました。

参考:アーリーリタイア後は実益を兼ねた趣味としてアフィリエイトをはじめます

このブログとは別にアフィリエイトサイトを作り、土日祝日を除いた平日の4~5時間をアフィリエイト作業に費やしています。

2年前の時給

初めて収入が発生したのは、アフィリエイトを始めて2~3ヶ月後で、確かその月の収入は3,000円ほどだったと思います。

つまり2年近く前の時給を計算すると、3,000円割ることの労働時間(5時間×の20日間で約100時間)でおよそ30円だった訳です。

ひと月100時間近くもアフィリエイトの作業に費やしているのに3,000円は「やってられない」と思う人もいるかもしれませんが、サイトアフィリエイトを始めた当初は仕組みを作りこんでいる時期なのでそういうものです。

特別な集客口を持っていれば話は別ですが、サイトを作っただけではしばらくは誰も訪問してくれません。基本的に数カ月は収入ゼロです。

Google(Yahoo)などの検索エンジンが検索結果に表示してくれて誰かに訪問してもらえるようになるまでサイトを育てながらじっくり待つしかありません。

そのかわり、サイトを育ててGoogleの検索結果に上位表示されるようになれば、あまり手をかけなくてもある程度収入を生んでくれるサイトになります。

アフィリエイトの時給が2年で100倍に

アフィリエイトをはじめて2年近く経った現在、その収入は、3ヶ月ほど前から月額30万円を超えるようになりました。

同じく月の作業時間はおよそ100時間ですので時給は3,000円です。

つまり、約2年(正確には1年半)で時給が30円から3,000円と100倍になったわけです。

時給3,000円というともはやパートやアルバイトでは貰うのが難しい金額です。

中堅のサラリーマンと同じくらいの時給で、中年男性の実益を兼ねた趣味としてはなかなか効率のいいお小遣い稼ぎだと思います。

しかし、アフィリエイトは、商品特性による波もありますし、Googleのアルゴリズムの変更で検索結果から排除されたり順位が下がるといったリスクがあり、安定性はありません。

安定せず一寸先がどうなるかわからない、それがアフィリエイトです。

ですので、今回、1年半前と比較して飛躍的に時給が上がったことは、喜ばしいことですが、収入面ではいい時もあれば悪い時もあると開き直ってやっています。

私がアフィリエイトに面白みを感じているのことの一つは、Googleアルゴリズムとの闘いにゲーム性を感じている点にあります。

結果的には、収入に結びつきますが、日々、どうすれば、順位を上げることができるか、多くの人に訪問してもらえるか、ということを考えた作業に明け暮れています。

将来のインフレリスクや保有している株価の暴落などに対抗できるノウハウやスキルを学習していると思えている点もアフィリエイトを続けていける材料になっています。

そして、それが、アーリーリタイア後の生活に適度な刺激やストレスを与えてくれ、生活にもメリハリを与えてくれています。

今回、時給が100倍になったことはその成果の一つ。素直に喜びたいと思います。

参考:アフィリエイト収入がスパムを受けて激減

参考:アーリーリタイア後の趣味の選び方


セミリタイア生活