レクサス GS450hに試乗

レクサス GS450hに試乗

2009年に乗り始めたレクサスISですが足回りに不満を感じて半年でタイヤを交換。

それでも乗り心地(ちょっとした段差での不快な突き上げ)は改善しなかったため、2年後の2011年には翌年の車検を前に買い替えを検討しはじめました。

この頃にはアーリーリタイアが視野に入っていたので、いわゆる高級車への買い替えは今回が最後になると考え、長く乗ることを前提に、足回りや静粛性、乗り心地など妥協せず、満足のいく車を選びたいと思っていました。

当時、候補に挙がっていたのは、レクサスGS、BMW5シリーズ、ベンツEクラスの3車種です。

特にレクサスGSはフルモデルチェンジの前でその動向が非常に気になっていました。

旧型のレクサスGSは、ヘッドライトが丸い二つ目で、個人的にはあまり好きではなかったのでそれがどうなるのか気になっていました。

ベンツEクラスもヘッドライトが丸い二つ目でしたが、こちらはモデルチェンジで品のある二つ目になり、旧型から印象が大きく変わっています。

どちらかと言えば国産車がいいので、ヘッドライトを含めてレクサスGSのデザインが好みのスタイルになることを祈りながら欧州車を試乗してまわります。

そして、BMW5シリーズとベンツEクラスをそれぞれ2度ほど試乗。

3シリーズやCクラスと比較して、静粛性と剛性感が増しているのは分かりましたが、それ以外はさほど大きな違いは感じられませんでした。

どちらも欧州車独特の固い足で、それでいて乗り心地に不満がでるものではありません。

そうこうしている頃に、レクサスGSのデザインやスペックが発表されます。

嫌いだった二つ目は一つ目に変更され、デザインは個人的には旧型よりも好みになりました。

いわゆるスピンドルグリルのデザインもこの車から始まりましたが、押し出しが中途半端で、全体的なデザインとしては微妙~。

見た目ははっきり言って欧州車の方にアドバンテージを感じました。

その点、BMWやベンツが一歩リードです。

レクサスGS450hを試乗

2012年1月にフルモデルチェンジしたレクサスGSが販売開始。本命のハイブリッド(450h)は2ヶ月後に販売開始予定です。

早速、2月に先行販売のレクサスGS350とGS250を試乗。

今回は、レクサスISやクラウンと共通だったプラットフォ-ムも独自のものに一新したためか、以前試乗させてもらったGSとは別物で、これが期待していた以上に良かったです。

大きく進化した足回り

まず、気になっていた足の固さ(乗り心地)ですが、固いのは固いのですが揺れ方やそのおさまり具合、路面のいなし方が現在乗っているISや以前長時間試乗させてもらった旧GSからもかなり改善され進化しています。

ハンドルを握ってアクセルを踏むと車の剛性感や安定感も感じます。

フルモデルチェンジしたばかりとあって欧州車(BMW5シリーズ、ベンツEクラス)と比較しても勝っていると感じました。

車体は大きくなるのに軽快さや取り回しやすさもISと同等。勿論、静粛性もISより高いです。

価格差200万円とはいえ、ちょっとした衝撃を受けるほどの好印象でした。

その余韻を残しながら3月に発売された本命のレクサスGS450hを試乗します。

静かで快適なレクサスGS450h

GS450hの「h」はハイブリッドシステムの「h」。

3500ccのエンジンにハイブリッドパワーがプラスされトータルで4500cc並みということで「450」という数字が使われています。

ハイブリッドシステムはプリウスで体感していましたので違和感はなかったのですが、エコに振ったプリウスのハイブリッドに対して、レクサスGSはパワーアップを主体にエコとも両立したハイブリッドシステムです。

発進はやはり静か、というより無音です。車速が50kmくらいになるとエンジンがかかり、かすかにエンジン音が車内に伝わってきますがそれでも静かです。

自分の好みにあっている足の固さ、乗り心地で、今乗っているISとは比較になりません。

また、アクセルを踏んだ時のエンジン+モーターのシームレスで胸のすくような加速も気持ちがよく、普段乗る分にはもてあますほどのパワーがあります。

ちょっとやる気を出させるエンジン音も聞こえてきます。

私はステレオの音質にも少し拘りがありますが、標準でも全く不満はありません。

インテリアのデザインもなかなかのもので、ナビも12.3インチと今までの倍近くに拡大され、解像度も増しています。

このあたりは新しいだけあって欧州車より勝っています。

普段は静かにゆったりと、やる気を出せば速い。それでいてどこの速度域でも乗り心地が良く燃費がいい、と始めて「いい車に出会った」と感じました。

レクサスGS450hを購入を決意

デザインには若干不満はあるものの、欧州車と比較することも忘れ、ちょっと価格は高くなりますが、レクサスGS450hの購入を決めました。

デザインへの不満はモデリスタでエアロキットを装着してちょっとだけカバー。

価格は、乗り出しで900万円近くです。

レクサスGS450hの試乗

しばらく乗ってみて、試乗だけではわからなかったことなど、次回は少し詳しく紹介してみようと思います。

関連記事

レクサスGS450hを購入してからおよそ2年。 2万キロほど乗りましたのでその感想・評価を記してみたいと思います。 主に前車のレクサスISや3日間ほど乗った旧レクサスGSとの比較になりますが[…]

レクサスケアメンテナンスプログラムⅡ
関連記事

レクサス車のモデルチェンジが行われた場合や新型車が発売された場合は、販売店から試乗の案内が郵送されてきます。 買い替えや知人への紹介を期待してのことです。 今回は、2013年にフルモデルチェ[…]

2013年にフルモデルチェンジしたレクサスISの試乗・評価
関連記事

先日の日曜日、ショッピングからの帰りに車のエンジンをかけると、警告ランプがつきメーターパネルの中央に「グリルシャッター動作不良」と表示されました。 特に何の前触れもなく突然のことでした。 早[…]

レクサスGS450hが故障!グリルシャッター動作不良