アーリーリタイアしましたが開業届と青色申告承認申請書を出してきました

セミリタイアしましたが開業届を出してきました

アーリーリタイアしておよそ3年。

今回は、アーリーリタイアしているも関わらず、先日、税務署に「開業届」と「青色申告承認申請書」を提出してきたというお話です。

アーリーリタイアしましたが開業届と青色申告承認申請書を提出

リタイア後に始めたアフィリエイトの収入が多くなってきましたので、一応、「開業届」と「青色申告承認申請書」というものを税務署に提出してきました。

開業届を出した理由

事業をやろうという気構えは無いのですが、

アフィリエイト収入が小遣いの域を超えてきて、開業届を出さずにおくのも抵抗があったのと、表向き適当な屋号を決めて自営業という形をとっておけば何かと便利なんじゃないか、

と思ったのが動機です。

特に最近は、旧友に会ったり同窓会があったりして、その際、何をやってるのか説明するのが面倒です。

屋号を決めて名刺でも作っておけば、面倒なアーリーリタイア話はしなくて済みますし。

青色申告承認申請書を出した理由

また、一緒に「青色申告承認申請書」も出してきましたがこれは節税対策です。

青色申告特別控除の65万円は大きいですからね。

青色申告承認申請書は、その年の1月16日以後に新たに事業を開始した場合には、その事業開始等の日から2か月以内に申告することになっています。

その他の場合は青色申告書による申告をしようとする年の3月15日までに提出することになっています。

つまり、今回は、その他の場合にあたりますので、青色申告書による申告をしようとする年の3月15日までに提出することになっていますが、3月15日までには申請していないため、青色申告書による申告は、来年度(平成29年)分から(平成30年に行う確定申告から)となります。

来年度は申告するほどの収入が発生しているかどうかはわかりませんし、申告の手続きも青色申告のソフトを買って面倒な入力作業もしなければなりませんが、予想を超える収入があって出しとけば良かったと後悔したくもありません。

開業・廃業等届出書も青色申告承認申請書も国税庁のホームページからダウンロードすることができます。ネットで打ち込んで印刷することも可能です。

今回はネットで打ち込んで印刷し、税務署まで持参して申請してきました。

これで表向き自営業、実態は(セミ)リタイアとなりました。

そういえば、開業届を出した場合は、例えば、銀行などで投資信託や保険商品などを購入する場合に、職業欄に「自営業」、お勤め先に「屋号」を記入することが可能です。

若くして無職と書くよりどうにか格好がつきます。

収入が2桁万円くらいだと逆に格好悪そうですが。


セミリタイア生活