人生100年時代になるとリタイア組は破綻!

公開日: : セミリタイア生活

こんにちは、有栗です。

もうすぐ今年も終わります。本当に1年が早いです。やはり時間を感じる能力(脳みそ)が年々退化しているようです。

先週、やっとインフルエンザの予防注射を打ちましたが、墓参りと大掃除、年賀状作りはまだ終わっていません。車も汚れていますので洗車もしなければなりません。明日、明後日の休みで一気に片づけるつもりです。

さて、最近、というか特に今年の後半から気になりはじめたことがあります。

2025年問題とも言われる超高齢化社会の到来や人口減少、働き方革命に伴う仕事環境・労働環境の変化。これら社会構造や雇用構造の変化で社会保障も大きく変わっていくことのは誰もが不安視していることだと思います。

ここまでは、以前から不安視しつつも覚悟していたことですが、特に今年になってからは、AIやロボットの発達による仕事環境・労働環境の変化予測が大きくクローズアップされてきました。

何でもディープラーニングという手法の進化が予想より早いようで、これに伴いAIも急激に発達しそうだということのようです。

AIの発達によってなくなる仕事、なくならない仕事というのが話題になったのも今年だったような気がします。

また、最近では、1億総活躍社会の実現ということで人生100年時代構想会議というものも開催されるようになりました。

人生100年時代!AIの発達!これらの響きを聞くとどうもリタイアした当時に予想していた変化を大きく超えた変化が起こりそうで少し不安になります。

例えば寿命の問題にしても、リタイアした当時は夫婦ともに現在予測してある平均寿命あたりまで生きることを予想してシミュレーションをしていましたが、100歳まで生きるとなると少し事情が変わってきます。

平均寿命あたりまで生きることを予想してシミュレーション

勿論、将来のことはわからないということで、ある程度のリスクはとっているつもりですが、どちらかというと早く死んでしまった場合に重きを置いており、100歳まで生きるということはちょっと考えていませんでした。

現時点の55歳の人の平均寿命というと男女ともまだ80歳代だと予想されていますが、医療の進歩、特にIPS細胞関連の医療の発達で85歳くらいでは死ぬに死ねない時代がやってくるかもしれません。

今から30年後ですからね。医療も相当進歩しているでしょう。

今ではそういう流れになると予想されることから当然これまで65歳とされている高齢者の定義を75歳に変更する時期も早くなりそうです。そうすることで2025年問題も先送りになりますし。

そうなると、定年退職の年齢制限も引き上げられたり、または制限廃止になったりしてくるでしょう。人生100年となると70歳まで、いやそれ以上の年齢まで普通に働いているような時代はそう遠くない将来にやってくると思われます。

年金支給開始年齢の先送りは国民の声が大きいため突然の変更は困難だと思われますが、それでも私たちの年代の場合、70歳からを覚悟しておいた方がいいかもしれません。それだけ日本はせっぱ詰まってきますからね。

ですが、こういう流れになったとしても仕事をされている普通の人は流れにまかせることでどうにかなるような気がします。どうにもならない政策は政府も実施しないでしょうし。

つまり、会社で働いている人や個人事業主の人はこれらの流れに伴い、止む無く仕事の延長を選択することでかろうじて流れに乗ることができそうです。

慣れ親しんだ会社での延長ができればストレスも限定的だと思われますし、特にサラリーマンは厚生年金を65歳、70歳まで支払うことで貰える年金額も増え、老後の心配も軽減します。

しかし、既にリタイアしている人にとってはこの流れはちと厳しくなるのではないかと思います。貰えると思っていた年金がしばらく貰えなくなる、またその年金額も延長して働いてきた人達と大きく差がつくことになる、じゃあ働くかと思ってもリタイアしてダラダラとした生活に慣れている人が老体に鞭打って改めて働きに出ることができるか、となると通勤から大きなストレスになる、といった具合に。

まあ、仕方がないことです。働いてないですからね(^_^;)

しかし、そう考えた時にただ指をくわえてその時を待っている訳にもいきません。今できることを考えないとですね。

生活を切り詰めて貯蓄額を減らさないといったことも大事でしょうけど、やはりリタイアしていてもある程度の収入源を確保しておくことが大事だと思います。簡単なことではありませんがそれが最も有効なリスク対策になると思われます。

ちょっと極端な発想で取り越し苦労で終わればいいと願いつつ、来年はリタイア生活のスタイルを崩さずに堅実な収入源が確保できる方法を模索してみようと考えています。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

プチ断食=「食費の節約」+「健康」+「ダイエット」

ゴールデンウィークも終わりました。 リタイアしている者にとってゴールデンウィークは特に大型連休

記事を読む

マッサージ店は出会いの穴場

3ヶ月近く前から2週間に1度マッサージに通ってます。 その日は特に肩と首の凝りが酷かっ

記事を読む

レクサスのアンケートは止めた方がいい!

レクサスでは、購入後間もなくして?(3ヶ月後とか半年後だったか?)と3年後、・・と定期的にアンケート

記事を読む

お酒が飲めなければサラリーマン偏差値は10下がる

私のコンプレックスの一つに「お酒が全く飲めない」ということがあります。 若い時は飲む練習をして

記事を読む

老後年金生活の改善策(妄想編)

前回投稿した「生活保護」の記事には多くのアクセスがありました。 みんな将来のことが不安なのでし

記事を読む

アーリーリタイア生活、妻との役割分担

先日、妻は私のリタイアに無関心といったブログを書きましたが、各々の考え方やリタイヤ後の役割分担をもう

記事を読む

おすすめスポット「随求堂(ずいぐどう)胎内めぐり」

今年も京都に初詣に行ってきました。 京都への初詣は、39歳に脱サラをした時からの我が家の恒例行

記事を読む

ブラック企業に勤める息子から朗報!

先日、何とか会社を辞めるのを思い留まってくれた息子より朗報が届きました。 前回の記事:ブラック

記事を読む

定年後も働きたいの割合が80%!

妻のパート先(以前、私が勤めていた会社の子会社)では、毎年のよ

軍隊と言われたブラック企業からやっと転職

ちょっと前の6月中旬頃になりますが、東京で働いている息子から転

リタイアしてるのに1食9000円は高くね?

これまでパートタイマーには支給されなかったボーナスが今年は支給

大金持ちになるには株しかない?

暑くなりました。 今日は朝から妻が美容院と歯医者に行くと

自分で髪切ったらミスってスキンヘッドに!

こんにちは有栗です。 久しぶりやってしまいました! いつも

PAGE TOP ↑