高年齢者雇用安定法や年金制度の改正!アーリーリタイア組はこれらへの対策をどうすべきか

高年齢者雇用安定法や年金制度の改正!アーリーリタイア組はこれらへの対策をどうすべきか

こんにちは有栗です。

近年は、社会保障や働き方に関する制度が大きく変わってきていますね。

昨日も一定以上の収入がある75歳以上の医療費の自己負担割合が1割から2割に引き上げる改正法案が参院厚生労働委員会で可決されました。近く参院本会議で可決・成立します。

アーリーリタイアする前に、特に社会保障については、ある程度の制度変更は覚悟していましたが、あれから10年も経たないうちに大きな動きが出ています。

今回は、近年の高年齢者雇用安定法や年金制度の改正の中からアーリーリタイアしている私に関係ありそうなものを抜粋して、その対策について今の考えを書いてみたいと思います。

高年齢者雇用安定法や年金制度の改正

高年齢者雇用安定法の改正

まず、今年の4月に高年齢者雇用安定法の改正が施行されました。

中高年の会社員の方には気になる改正だと思います。

これまで、事業主(企業)は、

  1. 定年を65歳まで延長する
  2. 定年制の廃止
  3. 65歳まで再雇用制度の導入

といったこ措置を講じ、社員が希望すれば、65歳までの雇用が義務付けられていました。

確か私がアーリーリタイアする頃に改正された制度だと記憶しています。

しかし、今年の4月の改正(70歳就業確保法)で、上記の65歳までの雇用義務に加え、①と③の項目が、努力義務として70歳までに引き上げられました。

65歳までは義務、65歳から70歳までは努力義務ですが、いずれ70歳まで義務になるでしょう。

さらに、今回の改正では、事業主(企業)は、

  1. 社員の他の企業への再就職を支援する
  2. 社員が個人事業主などとして働く場合は70歳まで継続的に業務委託契約を締結する
  3. 事業主が運営する社会貢献事業への参加を支援する

努力義務が課されました。

もし私がまだ会社員として働いていたなら、死ぬまで働けとする今回の改正は目まいがしてきそうな改正ですが、働く側としては、会社員を続ける以外にフリーランスや起業といった選択肢が広がってきていますので、その点はいい流れだと思います。

2022年4月からの年金制度の改正

働いた時にカットされる年金額が減る

この流れと足並みを揃えるように年金制度も変わってきます。

60歳から64歳までの人たちは、

  • 2022年3月までは、年金+給料が月額28万円を超えると超過分の半分がカットされますが
  • 2022年4月からは、年金+給料が月額47万円までカットされなくなります

※65歳以上の人たちは現在でも基準が月額47万円。

つまり、これまでは、60歳から64歳までの人たちは、例えば年金18万円を満額貰うために月給を10万円で抑えてたものが、月給29万円まで年金が満額貰えるようになるということで、働くことを制限する人が減るということです。

70歳くらいまでは普通に働こうという意欲を高めるために環境を整える制度変更だと思います。

年金受給開始時期の選択肢の拡大

現行制度では、年金受給開始年齢は基本65歳で、その前後5年まで受給開始時期を繰り上げ、繰下げできるようになっていますが、2022年の改正後は、10年間、つまり75歳まで受給開始時期を繰り下げることができるようになります。

そして、受給開始時期を75歳にした場合、65歳からの受給開始より年金は月額84%増えます

65歳からと75歳からの総受給額を比較した時の損益分岐点は86歳くらいなので、75歳まで年金なしでやっていける女性の方は、75歳からの受給開始を選択した方がいいかもしれません。

社会保障や働き方についての制度変更に対する対策

とまあ、こんな感じで近年は社会保障や働き方に関する制度が大きく変わってきています。

日本の平均寿命の延伸、少子高齢化を考えれば、60歳、65歳くらいで定年という従来の概念を払拭し、健康な限りできるだけ働いてもらうための環境作りは避けては通れません。

そもそも公的年金制度は、人生の後半5年から10年を年金で生活することを基本に設計されていますので人生100年と言われる現代に従来の制度が通用するはずはないのですから。

これまでも、定年の年齢の引き上げとセットで年金の受給開始年齢も55歳 ⇒ 60歳 ⇒ 65歳と引き上げられてきた通り、今回の法改正も年金の受給開始年齢を70歳に引き上げる布石です。

高年齢者雇用安定法と年金制度の改正への対策

しかし、今回の高年齢者雇用安定法と年金制度の改正で個人的にちょっと気になっているのは、今後、60歳、65歳を過ぎても高収入を得る人が増えてくるのではないかという点です。

企業の支援も手伝って、年金と合わせて年収500万円というのも普通になるかもしれませんし。

そうなると、リタイアする時は、65歳以降も人並みに(同年代の人達と同じレベルで)生活していけると踏んでいたものが、人並みのレベルアップでそれが難しくなるかもしれません。

普通の会社員であれば60歳以降はそれまでの年収の6掛けくらいになると考えていましたから。

これについては、やはり生活レベルの差を埋めるためにもちょっとした収入源は確保しておく必要があると思います。投資でも副業みたいなものでもいいと思います。

私は、今やっているアフィリエイトを続けられるまで続けようと思います。

そして、もし稼げなくなったら人並みの生活を諦め、質素に生きていこうと思います。

こういった対応は私にとっては決して難しいことではありません。

年金制度の改正への対策

次に年金についてですが、私は年金についてはかなりシビアに計算しているつもりです。

このブログでもたまに我が家の年金事情に触れてきましたが、例えば、夫婦でもらえる年金額を計算してみた、も、あくまでも現行の年金制度下での話として書いてきました。

しかし、リタイア時に作ったエクセルのシミュレーションでは、年金受給開始年齢を私も妻も70歳とし、繰り下げ受給の割り増し分は加算していません。

今のところ、70歳に繰り下げれば42%増しで貰えそうですが、油断は禁物ですね。

実際に42%増しで貰えたら、旅行や外食の回数を増やそうと思います。

また、国民年金基金については、公的年金なので破綻はしないだろうけど、支給額が減額されるリスクを加味し、70歳以降の年金受給額は7掛けで計算しています。

そういえば、6月1日、国民年金基金の掛金78万円ほどが銀行から引き落とされていました。満額を支払うのはこれが最後、来年少し支払ったら年金支給が開始されます。

あと、75歳まで受給開始時期を繰り下げることができるようになりますね。

私はそうでもありませんが、妻は至って健康で長生きの家系なので、妻の年金受給開始年齢は75歳からにしようと考えています。

まだまだ先の話なので、今考えなくても、と思いますが、エクセルでシミュレ-ションして余裕ができると、その時から少し気分が晴れるんですよね。

私は85歳まで、妻は95歳まで生きる仮定でシミュレーションしていますので妻の年金受給開始年齢を75歳にすると、生活に少し余裕が出てきます。あくまでも今の制度での話ですが。

その他の関連ブログ ⇒ セミリタイア生活

関連記事

夫である私が死亡した場合、妻はいくら年金を貰えるのか。心配事の一つです。 妻は私より10歳近く年下ですので平均寿命を考えると私が死んでから15年、いたって健康なので20年以上生きていかなければなら[…]

夫である私が死亡した後の妻の年金額が心配
関連記事

早いもので2013年の中頃にアーリーリタイアして3年半ほど経ちました。 アーリーリタイア後の生活も今のところほぼ計画通りに推移しており、今年もどうにか無事に終わりそうでホッとしています。 た[…]

アーリーリタイア後の年金対策を紹介
関連記事

看護師をしている妹がいます(たまたま上の画像の人に似ています)。 バツ1子持ちで、旦那はいません。 今の病院に転職する以前の病院では看護師長をしていたベテラン看護師で、ケアマネジャーの資格も[…]

看護師歴25年、あと20年働いても年金は13万円ほど?