アーリーリタイアして1年が経った感想

アーリーリタイアして1年が経った感想

早いもので50歳でアーリーリタイアして1年ちょっと経ちました。

1年というキリのいい時期なので、このあたりで一度アーリーリタイアして1年経った感想を書いてみたいと思います。

参考:50歳でアーリーリタイアをするに至るまでの経緯

アーリーリタイアして1年経った感想

リタイアするといきなり仕事が無くなり、社会との交流が希薄になるので最初はどうなることかと心配していました。

38歳で脱サラした時もしばらくすると孤独感に苛まれた時期がありましたので、その点も少し不安でした。

しかし、アーリーリタイアした後は、そういった心配は空振りにおわり、想像以上に快適な生活がおくれています。

2年後3年後となると環境も変化し、気持ちも変わってくるかもしれませんが、今のところ絶好調というのが正直な感想です。

以下に、現時点でのアーリーリタイアをして良かった点とそうでなかった点を簡単にまとめてみたいと思います。

アーリーリタイアをしてよかったと思う点

アーリーリタイアに踏み切って良かった点はざっと以下の通りです。

  • 多くのストレスやしがらみから解放されたこと
  • 自由な時間が増えたこと
  • 面倒くさいことが激減したこと
  • 憂鬱なことが激減したこと
  • 笑顔が増えたこと
  • 心にゆとりが生まれたこと
  • 生活が充実していること

などなど。

このようにアーリーリタイアをするといいことばかりで幸せな生活を送れている訳ですが、これには、夫婦円満であることがベースにあり、また、趣味としてアフィリエイトを始めたことが大きいと分析しています。

参考:アーリーリタイア後は趣味としてアフィリエイトを開始

リタイア後に適した没頭できる趣味はないか、と考えてはじめてみたのですが、これが功を奏して、堕落した生活にならずに規則正しくハリのある生活が送れている大きな要因になっています。

作業をしていると、思うようにいかなかったり、新しい発見があったりと、いい意味でちょっとしたストレスや刺激もありますし、少しですが社会と繋がっている感もあり、程よい精神状態を維持することができていると実感しています。

少なからず収入も発生していますし、自分が構築したサイトをSEO対策でGoogleなどの検索結果の上位にもってくるノウハウなどの蓄積は、将来の極端なインフレや社会保障などのリスク対策にもなるのでは、と期待しています。

それに技術畑を歩んできた者としてはゲームをしたりパズルを解くような感覚で面白のです。これがなければやりません。

ときどき、思惑通りにいかず、週に4日、1日に4時間(週16時間)までと決めているアフィリエイトがずるずると7時間、8時間となってしまうこともあります。

しかし、別にそこに厳しく制約を持たせる理由もないため、月に2~3日はアフィリエイト作業に没頭することも良しとしています。

人に指図されてやっている訳ではないので、体調が優れない日ややりたくない日はやらなくて構いません。

そういう生活が1年も続いている訳ですが、毎日、ちょっとしたワクワク感があり精神的にも充実している上、心にゆとりができて笑顔が増え、視野も広くなったようにも感じるのです。このブログもその要因の一つかもしれません。

アーリーリタイアをしなければよかったと思う点

一方、アーリーリタイアをしなければとかったと思う点ですが、今のところ無いというのが正直な感想です。

強いて言えば、仕事をして収入を得ている時よりは「経済面において将来への不安」が少し増したことくらいでしょうか。

しかし、これは当然に覚悟していたことですし、アーリーリタイアの宿命とも言えますので今更後悔するものでもありません。

当初立てた計画(シミュレーション)通り、貯蓄が少しづつ減っていくのをしっかり管理するのみです。

参考:アーリーリタイアして後悔しないための対策

まとめ

以上、アーリーリタイアして1年が経った感想について書いてきましたが、幸い1年間の家計の推移や資産の推移も今のところ問題なく進んでいます。

夫婦や親類との仲も良好に進んでいますし、以前から付き合いのある仕事仲間だった人達とは少し疎遠になってきましたが、これは特に問題視してません。

みんなが定年後に経験することです。

そんな感じで思いのほか順調に推移しているセミリタイア生活ですが、リタイアしてまだ1年ちょっとです。

これから先、色々な問題なども出てくるとは思いますが、上手く乗り越えていけたらと願ってます。

参考:アーリーリタイアして5年が経った感想


セミリタイア生活