定年後も働きたいの割合が80%!

定年後も働きたいの割合が8割

妻のパート先(以前、私が勤めていた会社の子会社)では、毎年のように私も知っている人達が定年(60歳)を迎えています。

夕食時にいつも妻が、「今度○○さんが定年になるよ」と話してくれますが、その殆どの人が定年を迎える数ヶ月前までは「こんな会社定年で絶対辞めてやる」と毎日のように口を揃えて言っているといいます。

しかし、いざ定年を迎えるとほぼ全員が再雇用で雇用の延長を選択します。話を聞いてみるとその主な理由は、やはり生活のためのようです。

現実的な問題の前に止む無しです。

そして、皆が定年前の年収の約半分という条件で再雇用されているようです。

定年後も働きたいの割合が80%?

先日、何かのテレビ番組で「定年後も働きたいと思っている人が8割もいる」といった内容が放送されていました。

何故働き続けたいと思っているのか、という理由の部分がスッポリ抜けていたため、「みんなどうしてそんなに働きたいの?」と疑問でしたが、先日、ソースと思われる記事を見つけましたので備忘録としてちょっとまとめてみたいと思います。

見つけた(というよりたまたま見かけた)のは、明治安田生活福祉研究所が、50歳から64歳の定年前正社員を対象に行ったインターネットによる意識調査です。

この調査では65歳を定年としています。

この調査によると、定年後、つまり65歳を過ぎても働きたいと答えた人の割合はテレビでの放送通り約80%いるということでした。

定年後も働きたい理由は?

そして何故働きたいのか、気になるその理由は「日々の生計維持のため」と回答した人がトップで7割を占めているとされています。

何のことはありません。言い換えれば生活が維持できれば8割近くの人が働きたくない、または働きたいとは思わない、ということのようです。

であれば、「定年後も働きたいと思っている人が8割」という言い方は間違っている訳ではないにしてもちょっと違和感があります。

せめて「働きたい」の部分を「働くことを希望する」「働かざるを得ない人」といった表現に変えてほしいものです。

でなければ、「生き甲斐や社会とのつながりのために多くの人が仕事を続けたいと思っいる」と勘違いしてしまう人もいるかもしれません。

そんな人達ばかりだと、会社や仕事が嫌で早々にアーリーリタイアした自分は何なんだ、人間としてあかんのか、と思ったりもする訳です。

それはさておき、冷静に考えると定年後も生活維持のために働くことを希望する(働かざるを得ない)人が過半数を占めている社会は異常だと思います。

しかも定年が65歳に延長されたばかりなのにもかかわらずです。

実際、定年後に働いている人の割合は?

そして、実際に働いている人は、総務省の「労働力調査年報」によると、
・60~64歳では、男性では実に80%
・65~69歳では、男性では55%
いるようです。

10年前と比較するとどちらの年代もおよそ10%増加しています。

この数字の全てが生活のためという訳ではないと思いますが、働きたくても働けない人もいますので、そういう人たちと相殺すると殆どの人が生活維持のために働いていると考えてもいいかもしれません。

いつ頃までだったか、定年退職したら優雅にとはいかないまでも年金生活で第二の人生が送れるものと思っていたものでした。そういった生活がいつの間にか国のお粗末な政策と洗脳でなくなりつつあります。

余談ですが、妻のパート先では、うまく社長に取り入って、週に2回の出勤(1日の実働は6時間ほど)で月額20万円という好条件で再雇用された人もいます。

そんな羨ましい条件ばかりになれば話は大きく変わります。

嫌な仕事はそこそこで、生き甲斐や社会との繋がりを保ちながら優雅な老後を満喫。それだったらむしろ真に定年後も働きたくなるかもしれません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ