人生一度きり。好きなように生きるとはどういうことか?

人生一度きり。好きなように生きるとはどういうことか?

先日、俳優の大杉漣さんが亡くなりました。

別にファンだった訳ではありませんが、テレビでもよく拝見していましたし年もまだ若かったので訃報を聞いた時は思わず「えっ」と声をあげてしまいました。

私自身、もう若くないこともあって、こうやって比較的若い人が亡くなると、その都度、死というものを身近に考えるようになってきています。

人間いつ死ぬかわかりません

「人間いつ死ぬか分からない」という言葉も若い頃であれば実感なくスルーできていたものが、最近ではハッとさせられる言葉になってきています。

66歳といえば、ほぼ10年後の私です。

大杉漣さんの訃報を聞いた時は妻も驚き、「生きたいように生きてる?」と何度も聞いてきました。

思うに、私の場合、サラリーマンも仕事も辞めて好きなことして生きてる訳ですから人よりは生きたいように生きてるんじゃないかと思います。

妻にもそのように答えました。

かといって無茶もできません

若い人や身近な人が亡くなると、時間が限られているものと焦り、その都度本当に生きたいように生きているかと自問自答することがあります。

しかし、現実問題、この先何十年も生きていく可能性の方が高く、好き勝手して人生を途中で破綻させるわけにもいきません。

実際に余命を宣告されると生き方も変わると思いますが、それは特別な話です。

多くの人が、将来破綻しないように、将来をより良いものにするために、家族を守るために、周りや相手のことを考えて、と少なからず自分と今現在の自由や楽しみを犠牲にして生きています。

そして結局のところ、自分ではそれが計算された最も幸せになる方法だと信じている訳ですから生きたいように生きているということではないかと思います。

好きなように生きるとは?

このように人生一度きり、明日はどうなるか分からないから今現在を楽しもうとはいえ、皆、計画性を持って生きています。

私も人生一度きりだから好きに生きようということでアーリーリタイアしましたが、これは、将来のことや家族のことなどを考えた上で今後のリタイアする人生としない人生を秤にかけて慎重に考えた結果です。

先のことや周りのことなどを考えて今選択可能なものから自分が最もやりたいことをチョイスしながら生きることが好きなように生きているということだと思うんです。

そして、価値観は人それぞれですので、人生は一度きりだからと浮気や不倫などを正当化する生き方も否定はできません。

多くの人は後悔するリスクや道徳を考えて実行に移しませんがそれも含めてどうするかだと思います。

そういう意味では「人生一度きり」という言葉は殺し文句であると同時に悪魔のような言葉でもあると思います。

そんなことを考える今日この頃です。

参考:アーリーリタイアして後悔したことはないのか?


セミリタイア生活