バレンタインデーのほろ苦い思い出

バレンタインデーのほろ苦い思い出

明日、2月14日は、バレンタインデー♡ですね。

リタイアすると、会社の付き合いもなくなり、義理チョコの数も一気に減ってしまいます。勿論、本命チョコは結婚して以降ありません。

とはいえ、今でも妻や親類などからそこそこ頂きます。

チョコは好きですので1ヶ月くらいはオヤツタイムが楽しみになります。

バレンタインデーには、人並みに思い出があります。

最初にバレンタインデーにチョコを貰った?のは、小学4年の時です。
正確に言うと貰い損なったのですが・・・。

40年以上前の当時は、「義理チョコ」という風習はなく、チョコは本命の人にしか渡しませんでした。今はどうかわかりませんが、体育館の裏や神社に呼び出されて手渡しされたり、机の中や下駄箱にこっそり忍ばせてあったり、でした。

その日は、バレンタインデーの前日。

授業中、隣の席の女の子から、こっそり、

「明日、チョコレート貰ってくれる?」

と、打診がありました。

何せ始めての体験ですから、ちょっとドキドキしたのを憶えています。

何手答えようかと考えていたところ、

「でも、私、どうせ片思いよね」

と上目使いに言われて、こちらは、「???」

「片思いでしょ?」

と、再度聞かれて、

「そうそう、カタオモイ。カタオモイよ。」

と答えました。

当時、10歳そこそこの私は「カタオモイ」の意味がわからない(^_^;)

ニコニコしながら

「カタオモイ、カタオモイ」

と答えていたのを今でも覚えています。

確かに相手の顔が一瞬強張ったのも覚えています。

その日は、それ以降特に会話もなく次の日(バレンタインデー)に。

学校では、いつくれるんだろう、と楽しみにしていましたが、昼休みが過ぎても授業が終わっても渡す気配がありません。

まだガキですからね、私もききました。

「チョコレートは?」って。

「ごめん。渡さないことにした」と。

「???」

・・・こうして、初のバレンタインデーのチョコは翌年の小学5年生に持ち越されましたが、この女性からはその後貰うことができませんでした。

後に「片思い」の意味を知ってから、「なるほど」と、あの日に貰い損なった意味が理解できました。

でも、もし、当時「片思い」の意味を知っていたとしても、おそらくあの頃の自分なら「そうそう片思い」と答えていたかもしれません。

好きでもなかったし、相手の気持ちを考えるほどデキた子供でもなかったですから。

その後、その子と話す機会があったら、あの時のことを謝ろうとずっと思っていたことを憶えています。

「あの時、片思いの意味、知らなかったんだ。ゴメンね。」と。

まだ、実現できていませんど・・・。


セミリタイア生活