バレンタインデーのほろ苦い思い出

公開日:: セミリタイア生活

明日、2月14日は、バレンタインデー♡ですね。

アーリーリタイアすると、会社の付き合いもなくなり、義理チョコの数も一気に減ってしまいます。勿論、本命チョコは結婚して以降ありません。

とはいえ、今でも妻や親類などからそこそこ頂きます。

チョコは好きですので1ヶ月くらいはオヤツタイムが楽しみになります。

バレンタインデーには、人並みに思い出があります。

最初にバレンタインデーにチョコを貰った?のは、小学4年の時です。
正確に言うと貰い損なったのですが・・・。

40年以上前の当時は、「義理チョコ」という風習はなく、チョコは本命の人にしか渡しませんでした。今はどうかわかりませんが、体育館の裏や神社に呼び出されて手渡しされたり、机の中や下駄箱にこっそり忍ばせてあったり・・・。

valentine-choco

その日は、バレンタインデーの前日。

授業中、隣の席の女の子から、こっそり、

「明日、チョコレート貰ってくれる?」

と、打診がありました。

何せ始めての体験ですから、ちょっとドキドキしたのを憶えています。

「でも、私、どうせ片思いよね」

と上目使いに言われて、こちらは、「???」

「片思いでしょ?」

と、再度聞かれて、

「そうそう、カタオモイ。カタオモイよ。」

と答えました。

当時、10歳そこそこの私は「カタオモイ」の意味がわからない(^_^;)

ニコニコしながら

「カタオモイ、カタオモイ」

と答えていたのを今でも思い出します。

確かに相手の顔が一瞬強張ったのも覚えています。

その日は、それ以降特に会話もなく次の日(バレンタインデー)に。

学校では、いつくれるんだろう、と楽しみにしていましたが、昼休みが過ぎても授業が終わっても渡す気配がありません。

まだガキですからね、私もききました。

「チョコレートは?」って。

「ごめん。渡さないことにした」と。

「???」

・・・こうして、初のバレンタインデーのチョコは翌年の小学5年生に持ち越されましたが、この女性からはその後貰うことができませんでした。

後に「片思い」の意味を知ってから、「なるほど」と、あの日に貰い損なった意味が理解できました。

でも、もし、当時「片思い」の意味を知っていたとしても、おそらくあの頃の自分なら「そうそう片思い」と答えていたかもしれません。好きでもなかったし、相手の気持ちを考えるほどデキた子供でもなかったですから。

その後、その子と話す機会があったら、あの時のことを謝ろうとずっと思っていたことを憶えています。

「あの時、片思いの意味、知らなかったんだ。ゴメンね。」と。

まだ、実現できていませんど・・・。

セミリタイア生活

google-koukoku-pc

関連記事

エクストリムからロリポップへWordPressを移行する手順(備忘録)

このブログを書き始める時、当ブログのサーバーは、「エクストリムレンタルサーバー」という業者からレンタ

記事を読む

アーリーリタイアした日

サラリーマンをリタイアしたのが今から16年ほど前の38歳の時。当時勤めていた会社の経営が傾き早期退職

記事を読む

アフィリエイト収入だけで生活ができるのか

アフィリエイトをはじめて今月で1年ほどが経ちました。 運よく?収入も少しづつ伸びてきてやっと2

記事を読む

国民年金基金78万円前納しました

本日6月1日、国民年金基金の前納分(1年分)78万円弱が引き落とされました。 アーリー

記事を読む

時給が2年で100倍になりました。継続は力です。

今から2年ちょっと前、リタイア後の趣味とちょっとしたお小遣い稼ぎ、また将来のインフレなどのリスクに備

記事を読む

リタイア生活、毎日が辛い?

こんにちは。有栗です。 随分暖かくなってきました。春、ですね。 早いものでリタイアしても

記事を読む

セミリタイア生活、5月の収支結果!

資産運用分を全て解約してからは株や為替などの動向に振り回されることなく、地道にアフィリエイトで稼ぐこ

記事を読む

50歳からの転職その後

先日、ブログにも書いた今年の春に会社の業績不振で人員削減の対象者となり、会社を退職した知人と久しぶり

記事を読む

最近のアフィリエイト収入やこれからやろうとしていることを少し書いてみます

久しぶりにアフィリエイトについて書いてみようと思います。

60歳時の資産を予測してみた

50歳でリタイアして5年という時間が過ぎたこともあり、先日

55歳、いくら資金があればアーリーリタイアできるか

50歳でリタイアして今年の6月で5年が過ぎ、そろそろ56歳

アーリーリタイア後の趣味の選び方

アーリーリタイア後の生活を充実したものにするために、日常に

定年後も働きたいの割合が80%!

妻のパート先(以前、私が勤めていた会社の子会社)では、毎年

PAGE TOP ↑