株価暴落と円高による資産の減少。これから保有資産をどうするか。

株価暴落による資産の減少。これから保有資産をどうするか。

こんにちは、有栗です。

いやぁ、株価の暴落、円高、凄かったですね。

やっと下げ止まった感はありますが、中国の問題は根本的な解決には至っていませんのでこれからも要注意です。

とりあえず今日の上海は5%以上も上げて終わりましたので、やや安心です。

週末の明日も日経平均は上げで始まるでしょう。

ところで、ここ1週間という短期間で株価の暴落と円高でどれくらい資産が目減りしたかをザックリ計算してみました。怖いもの見たさです。

主には、株式とドル、投資信託の3つを保有・運用してますが、株で100万円、ドルで70万円、投資信託で60万円のおよそ230万円ほどが目減りしていました(-_-)

アフィリエイトで今年1年で稼ぐ予定額が200万円ですのでそれ以上です。

1年間、毎日コツコツとやってきたのが1週間でチャラです。

結構、悲しいものがありますが、前向きに考えれば趣味と実益を兼ねたアフィリエイトでリスクを最小限に抑えることができたと考えることもできますのでそう考えることにします(^_^;)

株価暴落と円高による資産の減少。これから保有資産をどうするか

さて、3つの商品ですが今後どうするかは悩んでいます。

資産運用の方向性

3つの商品につては、現在のところ以下のように考えていますが・・・。

株式投資

今回最も目減りした資産ですが、株は下がれば上がることを信じて、また、株はそもそも配当金目的で保有していますので今後もずっと持ち続ける予定です。

従って目先の上げ下げはあまり気にしないことにします。

問題は、保有しているドルと投資信託です。

ドル資産

およそ5年前の1ドル80円時代に1千万円分のドルを購入しました。

幸いこれまでは、アベノミクスで円安が進み、現在は120円近辺にありますが、何となく、これ以上円安にはならないような気がしています。

米国の金利引き上げ、国内の金融緩和は大きく円安に振れるイベントですので、これらの動向次第では年内のいいタイミングで円に換えたい(戻したい)と考えています。

今後の米国の金利引き上げと日本国内の金融緩和の様子見ってとこです。

投資信託(米国債)

米国関係の商品ですのでこれも米国の景気と為替が影響しています。

これもここ半月ほどで10%ほど目減りしました。

今回は中国経済(株価下落)の影響やエネルギー関連の関係で基準価額が大きく下がりましたが、米国の経済自体は悪くないと思いますのでこれもしばらく様子見だと思っています。

ただ、今後の中国次第では、さらに大きな下げや円高が予想されます。

ドルと投資信託については、できればうまく売り逃げたいと考えています。

場合によっては、株もどこかのタイミングで一旦現金に換えておいた方がいいかもしれません。

これらは、今後情報収集に努めて被害を最小限に留めたいと考えています。

まとめ

投資はいい時もあれば悪い時もあることはわかってはいるものの、やはり一喜一憂、感情が揺さぶられることは少なからずストレスになり、スローライフという生活スタイルから少し距離が出てくる気がします。

もうリタイアしている訳ですからこういったストレスから解放されるためにも利益が出ているうちに全ての投資を手仕舞いにするという選択肢もあります。

インフレやその他のリスクへの対応は、実益を兼ねた趣味という観点から続けてきたアフィリエイトで対応する方が堅実です。

関連記事

今年最後の投稿になるかもしれないので今年1年を振り返って簡単に2015年のセミリタイア生活を資産面・健康面で総括し、来年の目標を書いてみたいと思います。2015年の資産面の総括先日、現金・預貯金[…]

2015年のセミリタイア生活を資産面・健康面で総括し来年の目標を立ててみた

セミリタイア生活