夫婦でもらえる年金額を計算してみた

夫婦でもらえる年金額を計算してみた

夫婦で貰える年金額を計算してみました。

夫婦の老齢年金受取予想額

国民年金、厚生年金保険の加入者には、年に一度、誕生月(1日生まれの人はその前月)に「ねんきん定期便」が郵送されてきます。

このねんきん定期便、妻の分とフォーマットと表示内容が違うので調べてみると

年金の受取金額として、

50歳以上の場合には老齢年金の年金受取見込額

50歳未満の場合には加入実績に応じた年金額

が記載されています。

私は50歳以上なので老齢年金の年金受取見込額

妻は50歳未満なので加入実績に応じた年金額

の表示となっています。

私の老齢年金受取予想額

私の場合、このねんきん定期便によれば、65歳から受け取れる老齢年金(老齢基礎年金+老齢厚生年金)の見込額は年間約112万円と記載されています。

これは、加入実績に応じた金額ではなく現在の加入条件(第1号被保険者として国民年金のみの支払い)で60歳まで継続して加入したものと仮定して計算されたものなので、基本的に今後、変動はありません。

毎年同じような数字が記載されてきます。

勿論、年金の原資の問題や経済動向により変動しますが、ほぼ確定された年金額です。

受給開始年齢は、一応65歳となっています。

妻の老齢年金受取予想額

一方、妻の年金額は、加入実績に応じた年金額なので毎年変動(増加)しています。ねんきん定期便によれば、現時点で年間約76万円と記載されています。

妻の場合は、今後の厚生年金の支払いで貰える年金額は年々増加していきますが、現時点で将来貰える年金額の予測を計算する場合は、すぐにパートタイマーを辞めて国民年金保険料だけの支払いを60歳まで続けるとして計算しています。

妻はいつでもパートを辞めてもいいことにしていますのでその分(これからの厚生年金)の見込み額は計算から除外するという考えです。

仕事を辞めて国民年金保険料だけを支払う場合、妻の年金額は、年間約100万円ほどになります。

夫婦二人の老齢年金受取予想額

つまり、このまま二人とも働かず、国民年金だけを納める生活を続けていった場合、夫婦二人の老齢年金受取額は以下のようになります。

※年金受取開始年齢を65歳とした場合

合計額備考
65歳112万円0円112万円
66歳112万円0円112万円
67歳112万円0円112万円
68歳112万円0円112万円
69歳112万円0円112万円
70歳112万円0円112万円
71歳112万円0円112万円
72歳112万円0円112万円
73歳112万円100万円212万円妻65歳

私の国民年金基金受取予想額

ブログでも何度か記載しましたが、私の場合、老齢年金だけでは心細いのでこれとは別に国民年金基金に加入しています。脱サラして自営業を始めた時に加入しました。

国民年金基金は、掛け金と掛け方で毎年の年金受取額が変動していきます。

私の場合、60歳まで支払を済ませた場合の現時点での年金受給予定額は

65歳から74歳まで年間約130万円

75歳から生涯年間約80万円

となっています。

ちなみに長生きリスクに備えて75歳から生涯の年金受取額を増やすべく、掛け方の変更をするかどうか思案中です。

夫婦の年金受取予想額

つまり、老齢年金と国民年金基金分を合せると、以下のようになります。

合計額備考
65歳240万円0円240万円
66歳240万円0円240万円
72歳240万円0円240万円
73歳240万円100万円340万円妻65歳
74歳240万円100万円340万円
75歳190万円100万円290万円
76歳190万円100万円290万円

一応、この額が夫婦でもらえる年金予想額ということになります。

勿論、これは、年金の原資の問題や経済動向によって変動していきますし、夫婦揃って生きていればというのが前提ですが、どうにか人並みに食べてはいけるような数字です。

ただ、年金については不安要素が多いのも事実です。

実際、エクセルで作成している予定表(計画表)では、リスクを取って

老齢年金の支給開始年齢は夫婦ともに70歳

受取額は現在予定されている65歳の年金支給額の9割

ということで計算しています。

貯蓄で凌げる間は極力貯蓄で凌いで年金受取額を増やし、その後は国任せという考えです。

これくらいリスクを取って計画していればどうにか対応できるのではないかとポジティブに考えることにしています。


セミリタイア生活